株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

社員ブログ

記事一覧

Uber Eats

営業部の前田です。

いつもABC店舗をご愛顧いただきありがとうございます。

 

皆さま、「Uber Eats 」をご存知でしょうか。先日、街を歩いていると自転車に乗った人がハンバーガーを届けているの見かけました。以前からネットで話題になっていたため、初めて実際に見かけたので少し興味を持って自分で使ってみることにしました。

 

 

登録は非常に簡単で、スマートフォンを使える方なら誰でもできるようなものでした。実際に「Uber Eats」が利用できる近隣の店舗を見てみると、まずその店舗数に驚きました。デリバリーの食事を思い浮かべると、ピザ、お寿司、お弁当ぐらいだと思いますが、カテゴリーだけでも50を超えていて、アジア料理、ハワイ料理、韓国料理など、普段あまりデリバリーで見かけないような料理も注文できます。ただ、やはりお店に直接行って食べれる値段に配送料や手数料がかかるので、若干の割高にはなります。

 

それでもこれだけのジャンルから色々と選べるというのは、今までのデリバリーのイメージが変わってしまうほどの衝撃でした。なぜこんなにもデリバリーできる店舗数が多いのか気になったので調べたところ、下記のような仕組みでした。(以下転用)

 

レストランが自前で配送サービスも始めようとした場合は、「配達員の人件費」「バイクの維持費」「配送受付用の予約サイト」と、かなりの費用がかかる。

宅配ピザのように、宅配サービスがメインのレストランであれば良いのだが、片手間に宅配サービスを行いたいと思う場合は割に合わない。

 

とはいえ、厨房が暇な時もあるから、店舗だけでの提供は勿体ない気もする。

 

そこで、Uber Eatsを利用すれば飲食店側では配達員の確保や人件費などの手間やリスクを大幅に削減しながら(配達員はUber Eats側で用意している一般人のため)、自分たちの料理をお客様に届けること、つまり販路拡大が手軽に可能になる。

 

ウーバーイーツの仕組み上、店舗数が多く自前でやろうと思えば宅配の費用を抑えられるチェーン店よりは、個人経営店の方との相性が良いこともあり、ラインナップも、普段は宅配の「た」の字も出てこないような、個人経営店もしくは規模の小さいチェーン店も多い。

 

(以上転用終わり)

 

読み終えた時に、非常に納得している自分がいるのと同時に、今まで自分が思っていた常識だったりがこんなにも簡単に壊されるものなのだと驚いてしまいました。

 

自分が常識や当たり前と思っていることに囚われず、求められているものに答えているだけでも駄目なんだと痛感しました。

 

ABC店舗でも常に新しいサービスお客様にご提供したいと考えております。私もその一員として、気を引き締め直して頑張ります。

物語

皆様、こんにちは!
いつもABC店舗をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

【物語】

 

「何かいい物語があって、それを語る相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない」

1998年のイタリア映画、『海の上のピアニスト』
豪華客船の中で生まれ、生涯船を降りることのなかったピアニストの言葉です。

 

 

安岡正篤師が推奨する明末の幻の名著 「酔古堂剣掃(すいこどうけんすい)」という本に
こんな言葉があります。

 

「君と一夕話(いっせきわ)、 読むに勝(まさ)る十年の書」

 

ある晩(ばん)語られた話のこと。
十年かけて勉強したり、読んだ書より、 君と一晩語りつくしたほうがずっといい。
という意味。

 

 

 

 

私、福田、2月にまた一つ歳を重ねます。
周りの方々にいかに支えられてここにいるかということを、歳をおうごとに実感しております。

 

「何かいい物語があって、それを語る相手がいる」

 

この人とまた逢いたい、 そして一晩語りつくしたい、 そう思える家族や友人、先輩や師が近くにいる私は幸せです。
また、自分も愛する人たちにとって、そういう存在でありたいと。

 

愛と感謝を込めて     

福田美智子

Webからのお申込み

皆さま、こんにちは、情報システムの稲毛です。

今回は、「Webからのお申込み」の仕組みについて、ご紹介致します。

 
皆様は、弊社サイトに会員登録して頂き、主にご希望の条件にマッチする物件を探されるために、活用されていることと思います。
現在の物件詳細ページでは「この物件を問い合わせる」、「お気に入り」に追加する、「内覧会に参加する」などの操作ができますが、新たに「今すぐお申込み」ができる機能を開発中です。

 
今までは、お申込み頂く際、記入項目が50以上あるお申込用紙に、手書きして頂いておりました。
「Webからのお申込み」を頂く際も、入力する項目数は変わりませんが、スマホからも入力することができますし、入力途中の状態を保管できますので、いつでもどこからでも、操作することが可能となります。

 
主な手順の流れとしましては

1.会員様が、気に入られた物件のWebページより、お申込み入力←New

2.会員様の弊社営業担当者宛てにメール送信←New

3.営業担当者が、お申込み内容を確認し、受付可否を会員様にご連絡

4.お申込みを受付けた場合、弊社内システムに自動申込み登録←New

5.弊社内で、お申込み内容を審査

6.審査結果を会員様にメール通知←New

7.審査を通過した会員様とご契約内容のすり合わせ

といった感じになります。

前回ご紹介した「クラウドサイン」は、この後のご契約を締結する際に、登場する予定となっています。

 
まだ開発中なのですが、そんなに遅くない時期に、皆様にご利用頂けるようになりますので、引き続きよろしくお願い致します。

忘年会シーズン

皆様、こんにちは。
本日のブログは経営サポート部の倉嶋が担当致します。

今週から急に寒さが進み、冬の到来を体感すようになっており
風邪やインフルエンザも流行り始めているようですが、皆様は体調管理は大丈夫ですか?

 

 

さて、12月も中旬に差し掛かり、皆様も忘年会に多く参加されたり
店舗の方は、忘年会の対応でバタバタされている時期ではないでしょうか。

 

弊社でも12/11・12に例年通り社内の忘年会が行われました。

ただ、今年は例年と違う点がありました。

 

ABC店舗の忘年会は、例年、高尾山へ登り、その後に宴会を行うということになっていたのですが
今年は、初めてABC店舗が運営している三越前・graceで行うことになり、店舗の広さの関係もあり2日間に分けての実施となりました。
(※ぜひgraceの店舗Blogも観てください。↓)

 

崖っぷちレストラン

 

実は私も、今回初めてgraceへお邪魔して、店舗の雰囲気やスタッフの方々にお会いし
楽しい時間を過ごさせて頂きました。
赤字店舗の黒字化という目標を是非、達成してほしいな改めて感じました。

 

忘年会といえば、私も社内だけでなく、取引先や過去の職場仲間、学生時代の友達など、
普段あまり会う時間が取れない仲間とも会う機会が多く、楽しみにしています。

 

地元の仲間と毎年恒例で行っている忘年会はもう20年以上続けていて、
当時は学生だったのに、今では家族や子供を連れて集まるようになっており
この会はこれからも何十年と続けていきたいと思っています。

 

 

 
皆様も、飲み過ぎには注意しないといけませんが、
1年の疲れを、仲間と振り返りながら楽しく飲むことで忘れて
新しい年を、新たな気持ちと目標をもって迎えてはいかがでしょうか。

「電子契約」の導入

皆さま、こんにちは、情報システムの稲毛です。

今回も、ABC店舗が導入に取り組んでいる「クラウドサイン」という「電子契約」のコンピュータサービスについてご紹介致します。

 

 

「電子契約」とは、インターネット上で契約を締結することを指します。
従来、契約締結は「紙と印鑑」でなされていましたが、インターネットの普及や、電子署名法・電子帳簿保存法等の法整備に伴い、電子化が進んでいます。

「電子契約」には3つのメリットがあります。

 

 

1.契約締結のスピード化
紙で契約を締結する場合、押印や郵送などの作業だけで1~2週間程度が掛かってしまうこともありますが、電子契約の場合、お互いがパソコンやスマートフォンで作業をするだけですので、早ければ2、3分で契約締結にかかわるすべての作業を終えることができます。契約締結がスピードアップすれば、取引先とのコミュニケーションもよりスムーズになります。

 

・契約締結工程の違い
従来の紙と印鑑

クラウドサイン

 

 

2.コスト削減
電子契約の場合、郵送代・紙代・インク代は当然のこと、印紙代もかかりません。また紙での作業がなくなるため、事務作業にかかる間接的なコストも削減することができます。

 

 

3.コンプライアンスの強化
契約書を電子データとして一元管理することで、業務の透明性が向上し、抜け・漏れを少なくすることがで
きます。またバックアップデータも写しではなく原本ですので、原本保全の確実性が高まります。

 

「電子契約」以外にも、Web申込み、Web請求書発行等、お客様がより便利になる仕組みを構築中です。ご期待ください。

残業ゼロへの取り組み

皆様、こんにちは。
本日のブログは経営サポート部の倉嶋が担当致します。

 

昨今、ライフワークバランスの重要性や、働き方改革などという話題を
よく聞くようになっていると思います。

 

ABC店舗でも、先週金曜(11/16)より残業ゼロ達成に向けて、

新たな取り組みを始めました。

 

 

ABC店舗 残業0チャレンジ

 

今までも、何度か同じように残業ゼロに向けた取り組みを実施しましたが
時間がたつにつれ形骸化し、結局今まで同様残業は発生していました。

 

今回の取り組みは、朝は8時半以前、夕方は18時半以降事務所への入室を基本的に禁じ
PCの時間外利用も制限するという、今までより強制力の強い取り組みです。

 

 

残業削減の取り組みは、会社からの号令で無理やり早く帰るだけでは長続きせず
根本的な業務の取り組み方を企業全体・各部署で取り組まなければ
達成できないものだと思います。

 

私の所属する経営サポート部の管理チームは残念ながら、この残業削減取組前の段階で
全社で一番残業が多いという不名誉な状態です。

この残業ゼロの取り組みを機に、業務のフローを見直すなど、現在、部内で様々な試行錯誤をしているところです。

 

いきなり仕事がなくなることはないので、目標達成がすぐにできるかは微妙ですが
これをいい機会ととらえ、業務の根本を見直していき、
部全体で、目標達成できるように取り組んでいきたいと思います。

 

仕事の効率化は、どんな仕事でも共通の課題だと思いますので
皆様も、今ある仕事を見直し効率化を図ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

新規開業のサポート

みなさん、こんにちは。
経営サポート部の金田です。

 

猛烈な暑さも終わり、最近は朝晩も少し肌寒く、秋の深まりを感じます。
気が付けば9月も最終週、10月に入れば今年もあと3カ月間と、年の終わりが見えてきてしまう時期になりました。

 

 しかしながら当社は2月決算のため、9月はまさに下期にむけての「スタート月」となり、これから加速していく時期となっています。先日は社員総会が実施され、8月までの上期の振り返りと下期にむけての方針が発表され社員全員で共有しました。

 当社のサービスは飲食店の居抜き物件のサブリースですが、大きな視点でみると、飲食業界での新規開業者の方々に居抜き物件のご紹介する形でサポートしております。下期については、物件のご紹介だけではなく、開業に必要なサポートを強化していきたいと考えています。

一件ご紹介させていただきますと、これまでにも何回かセミナーを実施させていただきました開業資金に関する「融資申請サポート」があります。融資に関しましては、申請するにあたり様々な情報をとりまとめ、申請書に記載し、手続きを進めていくことになります。

この作業について、初めてで且つお一人の場合、進めていくには大変心細いものがあると思います。そこで当社ではその手続きに関し、書き方から記載事項についての重要ポイント等、これまで実施した申請案件からの経験、日本政策金融公庫出身のコンサルタントの方のご経験をもとにサポートさせていただいております。

 

 

先日、小池東京都知事が「ベンチャーを含む企業の開業率を24年度までに5%台から欧米並みの10%台に引き上げる」ということをお話されておりました。
 
当社もその目標達成に向け、さらなるサービスの強化をしていきたいと思います。

社員育成の新しい取り組み

みなさん、こんにちは。
営業部の金田です。

 

 今回は、社員の成長を促す当社の新しい取り組みの一つをご紹介いたします。

 

 当社では今期より、マネージャー以上の管理職は年末年始やGWとは別で、9連休取得を必須とする新しい取り組みをスタートしました。

 
 この取り組みの目的は

 

 (1)自分がいなくても業務は回ることを実感する
 (2)自分の後任候補を育てる
 (3)目の前の仕事から一度離れ、自分の今後のキャリアプランを考えてみる

 

と、大きく3つあります。

 

 

それぞれについてもう少し詳しくご紹介します。

 

 (1)自分がいなくても業務は回ることを実感する
 管理職になるとその責任感から、自分がいないと業務が回らないと考えてしまいがちです。その責任感はすばらしいのですが、その反面、その責任感により自分にしかできない業務を作ってしまっていたり、部下に任せることができず、部下の成長を促す機会が作れていない等、チーム力育成の障害になっている可能性もあります。そのためにも、この長期休暇は、管理職が「会社組織は自分がいなくとも回る」ということを実感し、業務に対する目線についても変えてもらう、ということを目的にしています。

 

 (2)自分の後任候補を育てる
 管理職として、自分が不在でも業務が滞らないよう後任候補の育成を心掛け、そしてこの不在期間を後任候補者の経験の場とする目的があります。月曜日から金曜日までまるまる不在になるので、現管理職がいなくとも業務が回る体制が構築できているかの確認もすることができます。

 

 (3)目の前の仕事から一度離れ、自分の今後のキャリアプランを考えてみる
 普段は目の前の業務に集中しているため、自己の中長期的なキャリアプランを考える時間はなかなかないと思います。しかしこの期間は業務用の携帯電話とPCは人事部にてあずけて休暇を取得することになっておりますので、物理的に業務から離れる時間ができます。この時間を活用してキャリアプランはもとより、今後の人生についてのプランを考える機会を創出します。

 

 以上のような目的でこの取り組みを行いますが、管理職、そして関係するメンバーにとって非常に貴重な時間になると思います。

 

 

ぜひこの機会を個人の成長、チーム力の向上に活かすとともに、提供しているサービスの向上にいかしていきたいと考えています。

 

 

金田

働き方改革

皆様、こんにちは!

いつもABC店舗をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。

 

 

「働き方改革」言われて久しいですが、何を基準に働き方改革ができたと言えるかは難しいところです。

 

幸福度世界一のデンマークにその答えがあるのかもしれません。

 

デンマークでは会議やセミナー・プロジェクトなどを通じて、「どのように新しい価値を創り出したのか」が絶えず評価の対象になっているということです。

たとえば、ある官庁では公務員の評価基準として、関わったプロジェクトで生み出された成果とその価値、そして、そこにどれだけの革新性(イノベーション)の要素が含まれていたのかが、定量的・定性的に査定される仕組みになっているといいます。

 

したがって、「人より長時間労働をした」「きれいにまとまった資料を多く作成した」というようなことは、評価の対象とはなりません。

あくまでも重要なことは、仕事を通じてどれだけの価値を創り出したのかということになります。

 

それが、企業だけでなく、行政機関や大学などの研究機関、市民生活全般で応用されているということです。

 

 

デンマークでは働き方改革の結果以下のイノベーションを起こしています。

 

■国家の全エネルギー消費量の約40%が風力発電でまかなわれている

■電子政府が進展しており、行政サービスの大半はネットワークで自宅にいながら利用できる

■CPR(デンマーク版マイナンバー)はデンマーク人の人生データとつながっている(戸籍・学歴・所得・疾病履歴・治療履歴・遺伝子情報)

■遠隔医療サービスが本格的に開始される(自宅で診療が可能となる)

■若い世代の多くは財布を持っておらず、現金を利用していない(デビットカード・クレジットカード・モバイルペイメント)

■デジタル化の進展や、IOTなどの先端技術が展開されているが、国民は技術を使いこなして幸福度が高く、自然と共生した豊かなライフスタイルを楽しんでいる

 

 

そして、幸福な人生を全うするには3つの「しごと」の考え方が必要だという考えを持っています。

 

1. 仕事…生活の糧を得るため、はたらくこと。

2. 私事…健康の管理・家庭・家事・趣味や余暇を含めた、あなたの個人的な事柄。

3. 志事…自分の好きなことで長続きするたのしいこと。それが、世の中の何かのため、誰かのため、そして未来のためになる。そういう旗印としての、他者にも伝わる志の活動。

 

 

デンマークは日本よりITなどかなり先に進んでいるにも関わらず、同時に日本人的な「足るを知る」という謙虚でつつましやかな幸福感も持っていて、それを「ヒュッゲ」な生き方というそうです。

 

 

働き方改革、「ヒュッゲ」な生き方を目指したいものです。

 

 

福田美智子

基幹システムの一新

皆様、本日ブログを担当させていただく情報システムの徐と申します。

 

 

7月下旬、基幹システムの本番リリースが無事に完了しました。

 

日常業務が影響されないため、平日の18時から本番リリースが実施し、翌日の朝3時頃まで完成しました。

 

 

久しぶりの深夜作業でしたが、事前準備をしっかりして社内担当の本番作業を細かく手順書にしたため、順調に完成しました。

 

現在、現場からの反響を収集してバグと改善の対応に集中し、短時間で完成できるように提案からプログラミングまで行っています。

 

いち早く基幹システムの運用に安定させるため、同僚と力を合わせて頑張っています。

 

 

 

最近、天気が少しずつ涼しくなっていますが、毎日の健康管理に心がけましょう。

 

 

PAGE TOP