株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

記事一覧

クリティカルシンキング

マーケティング部のマネージャーの大木です。

 

一昨日は丸一日かけて、社外研修に行ってまいりました。

(年末の忙しい時に、1日拘束とは!も~う!と思いつつ…。)

 

今回は「クリティカルシンキング」という論理的思考のフレームワークを学びに、

グロービス経営大学院という経営学修士(MBA)を取得できるビジネススクールにスタッフ30数名で伺いました。

 

 

この「クリティカルシンキング」は何かを考える上で頭が整理されるため、仕事はもちろん様々な場面で活用できるとのこと。
本当なんでしょうか!?

 

講義の内容ですが、いくつかの事前課題(この課題が結構大変でした…)が出されており、それを使いながら基礎的な内容で理解を深め徐々にレベルアップし、実際にクリティカルシンキングを使って課題を解いていきます。

話をただ聞くだけでなく、グループワークを中心にした参加型の授業で、たくさん頭を使いました。

 

私は中途採用で2年前に入社しましたが、以前の会社では、恥ずかしながらこういった事に縁が無かったため、心情的にやや拒否反応を起こしていましたが…

 

実際に受講してみた結果、、、

 

ビックリ!授業の内容がABC店舗に入り業務で自然に取り入れていたことが多数あります。この2年の間になんとなくですが身についているではないですか!

逆に言うとこのクリティカルシンキングを学び、実践していけば早いスピードで論理的思考を習得できる!ただ、ここでやった事で満足してはいけません。なかなか慣れない事なので、まずは数多く実践していくことが大事だと思います。

 

はじめは年末の貴重な1日を使うなんて!と思っていましたが、

それ以上の【気付き】と【学び】がありました。

 

来年はもっともっと効率よく業務が進み、新たなサービスがご提案できそうです。

 

それでは皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

ラグビー

日頃よりお世話になっております。

営業部の前田です。

 

突然ですが、私は高校時代にラグビー部に所属していました。

初めての団体競技だったため、チームプレイならではの難しさに苦労した反面、

やりがいを感じました。

 

特にチームを勝利に導くようなサインプレーが決まった時や、

長時間の攻撃の末トライを取れた時は、

ラグビーをやっていてよかったと本当に思いました。

 

 

仕事でも、難しい問題に直面する時があると思います。

そんな時は学生時代の成功体験を思い出して、

負けずに乗り越えられるようにしていきたいです。

飲食店の一営業手法

企画課の山崎です。

先日、コンサルタントが飲食店へヒアリングしている現場に立ち会う機会がありました。

詳しくは書けないのですが、大雑把に書きますと、店舗は10坪ほどの居酒屋で、オープンして間もないのですが、売り上げが当初の見込みに届かないという悩みがありました。

 

 

そのコンサルタントからは、立地上、地元密着の店舗を目指すのが適切で、そうであれば、近所の店、会社、警察、消防署などに月に2度ほど営業をかけにいくのがよいという話がありました。数か月たつと顧客の方から連絡や相談が来るといいます。

 

また、来客にアンケートをとってご連絡先をいただければ、直接営業をかけることもできるとも。

 

私は、何となくtwitter や facebook といった言葉が出ることを予期していたのですが、実際はもっと地味で泥臭い営業の話で、しかし、こういう地味で泥臭い営業こそ絶大な効果があると確信いたしましたので皆さまに共有させていただきました。

 

(画像は、そのコンサルタント白岩氏が日経レストランに持っていた連載です)

 

成長

いつもABCブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

事務部の落合と申します。

 

2歳児の娘のお遊戯会が先日ありました。

半年前の夏の運動会は雰囲気に圧倒されてただ立ち尽くすだけだった娘

練習は100点満点!と先生から聞いていても正直、あまり期待はしていませんでした。

 

しかし本番当日、踊り・セリフ・歌・楽器…どれもパーフェクトにやっており感涙ものでした

(親バカな面もありますがそこはご了承を)

人って半年でこんなにも立派に成長するものなのですね!

 

私も娘には負けていられません。仕事面でも日々成長していきたいものです。

 

私が所属する事務部では週に1回、業務改善ミーティングを実行しており、

業務短縮、業務改善につながる案を全員が一人一個持ち寄って解決策に努めています。

こうなったらいいな、と頭の中で思うのは誰だってできること。

運用方法を自ら考え実行するこの機会は部署内ひとりひとりの成長につながると実感しております。

もっともっと画期的なアイディアを考えて日々の仕事をより実りあるものにしていくため、

日々精進していきたいと思います。

 

メリークリスマス!

F/Lについて

皆様、こんにちは。

本日は経理課が担当させていただきます。

 

今回はF/Lについてお話しさせていただこうと思います。

 

 

F/L(仕入/人件費)は飲食店経営において必ず押さえておくべき基本的な指標かと思います。

皆様のお店では何%で設定し、又は、何%で設定する予定でいらっしゃいますでしょうか?

 

 

私は元々前職で焼き鳥屋9店舗、焼肉屋3店舗、ろばた焼き1店舗を都内で経営している会社で総務・経理をしておりました。

その会社は焼き鳥屋のF/Lは56%、焼肉・ろばた焼きのF/Lは60%で設定していました。

 

高い目標数値でしょうか?

当時こちらの会社では、この目標を達成すれば必ず利益が出ると言われ、各店舗達成できるように全力で営業しておりました。

F/Lを達成し、利益率が10%以上ですと達成賞が貰えます。利益率によって金額も変わりますので皆必死に頑張っておりました。

経営を数値化すれば、何がいけないのか、或いはなぜ成功しているのかなどの原因が必ず分かると思います。

ゴミを捨てる費用が高ければ、無駄な仕入れをしているのではないかと気づく1つの要因になります。

売上が良くても利益が出ないのは仕入額に対して価格設定に問題があるかもしれませんし、人件費をかけすぎなのかもしれません。

棚卸し金額でも仕入れの改善要素になると思います。

 

 

毎日の忙しい営業の中で数値化して分析する時間を設ける事はなかなか苦しい作業だと思います。

ですが、数字は正直で信頼できるアイテムだと思います。

 

 

皆様の経営のサポートができるように弊社では新しい取り組みも行っております。

 

微力ながら皆様の夢のお手伝いができるよう日々努めてまいりたいと思います。

 

裏方の意外なお仕事

平素よりご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
初めまして、事務部CS課の和多田と申します。

私たちCS課は、電話対応やメールを行う部署の者になりますが、
(詳しくは、11/24にあります弊社の松本のブログをご確認くださいませ!)

実は私たちCS課、電話対応だけではないのです。
お客様には見えない、社内の裏方としても様々な業務を行っております。

 

例えば、

大家様からお預かりいただいた、大切な物件の鍵の管理。

内見、内覧会でのお客様にお渡しする明細書の作成。

ご会員登録いただきましたお客様に感謝のごあいさつと併せて、どのような物件をお探しかの確認ご連絡。

 

来社されるお客様へありがとう、の気持ちを込めたポップ作り

などなど。

 

直接お客様とお逢いできない部署だからこそ、細やかな気配り、心配りを胸に業務を行っております。

たくましい縁の下の力持ちとしても、日々精進していきたいと思っております!

 


写真は、兄弟から誕生日プレゼントでもらったペン立てです。このくらい成長していきたいものです。

二人三脚

会員の皆様、いつもABC店舗をご愛顧いただき、ありがとうございます。

営業1部の新井と申します。

 

私達営業部は会員の皆様の「自分の店を持ちたい」「自分の料理、お酒、お店の雰囲気をたくさんの人に楽しんでもらいたい」という夢を叶えるべく、日々活動をしております。

 

実際には店舗のご紹介、内見のご案内からご契約、店舗の鍵のお渡しまでを皆様とお付き合いをさせていただきます。

 

お店をオープンされて、お邪魔するのを楽しみに精一杯努めて参ります。

 

 

写真は1年半前に初めて独立をされてオープンされたお店です。

物件探しからオープンまでのリアルなお声をいただきました。

現在では2店舗目を出されるまでご繁盛されております。

 

お客様ご本人のリアルな声を掲載しております。

リアル開業日記詳細ページ

 

2店舗目には近日中に伺わせていただきます!

画面は冷たい。でも温かく。

 

こんにちは。メディアマーケティング課です。
本日は課のご紹介をさせていただきます。
私たちの業務の一つに、WEBやDTPの企画立案、デザイン、コーディングなどの、ものを作る仕事があります。

 

「作る」というと、楽しそうに聞こえると思います。
確かに楽しいです。しかし、楽しいだけではありません。
日々試練です。

 

何が試練かと言うと、時折お客様にお会いする機会もございますが、残念ながら一度もお会いする機会がない方々のほうが、多くいらっしゃいます。

 

その方々に、どうしたらもっと、わかりやすいと思っていただけるWEBサイトになれるか?

 

具体的には、WEB解析ツールを駆使し、ページ毎の閲覧数や直帰率などの細かな数値を計測し、それを元にコンテンツ改修や導線の確保、時には思い切ったリニューアルなどをしています。この地道な作業の繰り返しです。

 

お客様の知りたい情報は何か?
デザインはこれでわかりやすいか?
フォントサイズはこの大きさでいいのか?

 

例えば、移動中に電車の中でスマホで閲覧している時は?
電車の振動で読みにくいのではないか?
ではスマホではもう少しフォントサイズを大きくしよう!

 

などと細かくミーティングを繰り返し、皆様にお届けしています。

 

今後もWEBやDTPなどを通じて、まだ見ぬお客様とABC店舗の橋渡しをして行きたいと思います。

 

残業ゼロ

代表の土井でございます。

 

過去の話になりますが、
目まぐるしく資金繰りに追われ

(ほとんどの中小企業の経営者は、資金繰りとの戦いです)
朝から晩まで、仕事一色の生活を繰り返していたある日、

 

日頃苦労をかけているワイフへの罪滅ぼしにと、

伊豆のひなびた温泉へ旅行した際、

 

意外にも、思った以上に
とても楽しかったのですね。

 

そこで、
今までの取り返しのつかない時間を後悔しつつ、
改めて人生について考え直しました。

 

80歳になって、人生を振り返った際に、後悔しない時間の使い方は?

 

大切な順から
1番、2番、3番…と順番を決め、
1週間の自分の時間を、優先順位に沿って割り振りました。

 

この優先順位に関しては定期的に見直しをしますが、

こうやって優先順位を決めて時間を使っていれば、

死ぬ間際に「あの時、これをやっておけば良かった!」と後悔することは無いはずです。

 

日曜の朝ごはん、子供たちと(やばっ…ハゲが輝きすぎ)

 

 

 

日曜の夜ごはん、ワイフとラブラブを装う(滝汗

 

と、いうことで、
人生の中で、仕事は大切ですが、
緩く仕事をすることなく、キレのある仕事を徹底することで
残業を無くし、

 

後悔することなく、
「これ以上は生ききれなかった!」と、

目指している方向に向かって前のめりに倒れることができる人生を
ABC店舗では目指していきたいです。

 

1月末期日の残業ゼロ!

(相当、現場での負担が増してきていますが…)

 

踏ん張って行きたいと思います!

 

どい

 

人手不足>働き方改革の一手としての残業時間減

こんにちは、ABC店舗 人事マネージャーの徳永です。

当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

 

昨日の日経新聞で地方スーパーのマルナカが「訪日客の食料品購買により売上底上げでほくほく」といった主旨の内容で取り上げられていました。

マルナカが店舗展開をしている四国出身者としては瀬戸内観光が盛り上がるのは喜ばしいことだと一瞬顔をほころばせましたが、主題は人手不足を懸念する内容であっただけに、東京を中心とした都心部のみならず、地方でも人材難なのかと今後ますます懸念される人材不足問題について改めて考えこんでしまいました。

 

政府も人口減による働き手不足解消のため【働き方改革】を掲げており、これまで働き手の主流であった壮年期前後の男性に加え、女性や高齢者も思いっきり活躍できるよう様々な取り組みを実行していることは皆さんもご存知のことかと思います。

 

世の中では女性の就業率増に着眼して改革に取り組んでいる企業が多いようですが、ABC店舗では女性スタッフはもちろんのこと、「誰もが働きやすい環境を!」を合言葉に働き方改革に取り組んでおります。

(なんとABC店舗の男女比率は6:4、すでに女性管理職比率は35%なのです。)

 

というもの実際にABC店舗では女性スタッフはもちろんですが、男性スタッフも保育園送り迎えのために定時退社という名の定時ダッシュをすることがあり、介護やお子さんの体調不良でお休みするということも生じております。

そんな現状とこれからは今まで以上に介護の問題が大きくなるだろうということを踏まえ、男女関係なく誰もが働きやすく、働きがいがあることが好ましいという考えに至りました。

 

 

現在、我々ABC店舗ではこれまでの目標であった【有給休暇100%消化】に【残業時間ゼロ】を加え、働き方改革を推し進めている真っ只中です。

 

9月から取り組んだ残業時間削減では全部門残業時間平均が

9月  46時間

10月 36時間

11月 26時間 と順調な推移を見せております。

 

この数字の推移の裏では各現場が効率化のために業務の棚卸、これまでのオペレーションの見直し等とかなりの努力をしており、人事としては頭が下がる想いです。

 

ABC店舗を利用されるお客様に置かれましても、来週2017年12月18日より営業時間が平日10時~18時から平日10時~17時30分へ短縮することでご不便をおかけするかと思いますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

PAGE TOP