株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

記事一覧

目標達成のコツ

みなさま

ABC店舗 マーケティング部企画課 浅海です。

 

1月も半分が終わり、世間はお正月モードから通常モードに切り替わってきたところでしょうか。かくいう私も、やっと体の調子が実家モードから会社モードに切り替わり、朝の出社が苦でなくなりつつあります。

 

一年の計は元旦にあり。と申しますが、元旦にたてた目標に対して、なんとなく道筋が見えてくるのもこの時期だと思います。今年は痩せるぞ!とお正月に意気込んだものの、いざ会社が始まってみると意外と新年会のお誘いが多くて、これは痩せるためには運動量を増やさないとなあ。。なんて、ありがちですよね。

 

 

目標は立てっぱなしでは達成しません。実際に毎日行動してみて、理想と現実のギャップを埋める作業が必要です。飲み会は月に3回しか行かないぞ!と決めても、上司の誘いは断りにくい(という言い訳もアリ!)。ついついそれが重なって5回、6回、、気付けば1月末にはカロリーオーバー。

 

ああ2月は健康診断。そんなことにならないよう、毎日体重計に乗り、減った増えたの一喜一憂をしながら、毎日食べていいものや行っていい飲み会の回数を逆算するのがダイエッターの使命です。

 

お店の経営も、同じことが言えるのではないでしょうか。

 

開業前に、建物所有者様や融資申請先に提出する事業計画書を、見直しながら、修正しながら日々の営業に反映させていくことにより、お店の繁盛が確実なものになっていく。

 

見直すべきポイントがそもそもわからないよ!そんな方はぜひABC店舗にご相談ください。ご契約いただいた後もお客様に寄り添い、お店の繁盛をサポートできるよう、様々な取り組みを行っております。

 

計を実に変えていきましょう!

社内弁護士のすゝめ①

皆さん、こんにちは。
法務担当の廣井です。
 

 

実は私、「社内弁護士」としてABC店舗に勤務しています。

 

「不動産会社に弁護士?」とお考えの方も多いと思われますので、
本日は社内での、弁護士の役割についてご紹介いたします。

 

弁護士といえば裁判を連想されると思われますが、
弁護士の仕事は裁判にかぎりません。

 

むしろ、弁護士の多くは「いかにして裁判を減らせるか」に
ついて尽力していると思われます。

 

裁判は解決までに時間や費用もかかる上、
訴え・訴えられる関係になるため、
当事者の関係も良好でなくなります。

 

このような裁判を回避するために
社内弁護士としては、トラブルが生じることがないよう、
事前にお客様が締結する契約書の内容について
しっかりと常日頃から眼を光らせております。

 

お客様と直接お会いする機会は多くはないかもしれませんが
微力ながら皆様の夢のお手伝いができるよう
日々努めてまいりたいと思います。

ご提案

皆さま、こんにちは。
本日のブログ担当、営業部の野村です。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて、本日のブログは先日参加した課題解決のセミナーでの話です。

 

一発でゴールにたどり着けることは稀で、
「なぜだろう?」
という疑問をくり返し掘り下げ、
「どうすればいいのか?」
に行きつくことが課題解決の道筋という内容でした。

 

そして、この「なぜ?」を見つけるためには
当初の理想とのギャップを特定すること、
つまり「何が違うのか?」を把握することからとのお話でした。

 

お客様との接点が一番多い私たち営業が身に付けなくてはならないスキルです。

 

大変ありがたいことに年始より数多くのお客様から
出店先のご相談をいただいております。

 

ただし、ご希望を100%叶えて差し上げられるような
物件をご紹介できることはまずなく、
「例えばここであればいかがですか?」
「ご希望に近いものとしたらこんな物件もございますがいかがですか?」
というように担当させていただく営業マンたちが
可能な限りお聞きした要望に沿う物件のご提案を実行することが実情です。

 

お客様にとって満足のいく提案であるか、逆に煩わしいと感じるものとなるのか
セミナーでの学びがこの差に現れてくるように感じます。

 

100%を叶えられる物件はご紹介できないとしても、
100%に近い物件や近づけられる物件をご提案することは可能です。

 

冒頭に書いたひとつ目のゴールが物件に巡り合うこととするならば、
担当させていただく営業マンをフル稼働させて
「なぜ?」と「何が?」
を一緒に解決させてください。

夢を叶える企業

皆様、こんにちは!

いつもABC店舗をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。
本日のブログは営業部 福田美智子がお届けいたします。

 

 

弊社では年末・年始にかけて社長が講師を務める「理念研修」が行われました。
この研修はABC店舗の「経営理念、ミッション、行動指針、ビジョン」について理解を深め、ひとりひとりの活動の指針とすることを目的としてしています。

 

創業当初から変わらぬ理念である「永続なる世界企業をつくる」を存在価値とし、
ビジョン(3年後のあるべき姿)には
「私たちは夢を叶える企業である」を掲げています。

 

「夢を叶える企業」とは具合的にどういうことか?

 

通常、不動産会社は契約をゴールとし、契約までのお手伝いをさせていただく業務を行うのが一般的です。しかし、お客様が本当にサポートを必要となさるのはそれ以降、つまり、お店をOPENしてからが本当の正念場。よって、お客様の御商売の成功こそが夢の実現でありゴールであるという考え方です。

 

これからの3年間、私達はこのビジョンを掲げ「夢を叶える企業」にまい進してまいります。本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

 

「夢を叶える企業」として、今年第一弾となる無料セミナーを開催いたします。

 

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆

すぐにでも準備を始めよう!
「開業前の融資申請と申込書の書き方」編

日本政策金融公庫から特別講師をお迎えして
融資の具体的な内容やポイントをわかりやすくご説明します!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

物件探しから開業までの具体的なスケジュール作りも
お伝えいたしますので、一緒に勉強していきましょう!
この機会に、是非ご参加ください。

 

・日時:2018年1月18日(木)14:00 – 16:00 (13:45受付開始)
・会場:〒105-0013 東京都 東京都港区浜松町1-31
    文化放送メディアプラス12階1204号室 (受付は2階です)
・交通:JR山手線・京浜東北線 浜松町駅 徒歩1分
    東京メトロ大江戸線・浅草線 大門駅 徒歩1分
・定員:15名
・主催:株式会社ABC店舗

 

⇒詳細はこちらからご覧いただけます
https://abc-tenpo.smktg.jp/cc/0w1BPrV0m6e65gp

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆

 

これは見逃せませんね!

定員15名様につき、早期に定員になることが予想されます。
お早目のお申込みをお待ち申し上げます。

基幹システム再構築

皆さん、こんにちは。

情報システム部の稲毛と申します。(写真の一番右です。)

 

今回は、情報システム部のメインの仕事の一つであります、

【システム開発】について、ご紹介致します。

 

 

現在、基幹システムの再構築を手掛けています。

 

基幹システムとは、お客様からの問い合わせ、ご紹介可能物件のWebサイト連携、内覧会や内見のお申込み、サブリース・譲渡契約のお申込み~ご契約~ご契約後サポート、家賃のお支払い・ご入金、等々を一元的に管理する仕組みです。

 

 

 

再構築の第一の目的は「お客様の満足度向上」。

 

「生産性の向上」「業務の平準化」も目的に掲げており、

2018年3月の稼働を予定しています。

 

ABC店舗は、「IT」や「AI」を活用した【働き方改革】を推進しています。

変わらないものと変わるもの

 

ABC店舗ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本日、ブログを担当します人事マネージャーの徳永です。

 

 

皆さま、平成30年になって今日で10日目となりましたが、
いかがお過ごしですか?

新年会シーズンで慌ただしくお店を切り盛りしている方も
少なくないのではないでしょうか。

 

今年は明治元年から150年を迎える年らしいですが、
1月1日の日経新聞に新しい日本へ8つの提言として
「働きアリより賢いキリギリスに」というものが掲載されていました。

 

その紙面によりますと
すっかりおなじみとなったIT(情報技術)、AI(人工知能)を駆使されていくことで、
これまで勤勉な働きアリとして経済成長を支えてきた中間層が必要な存在ではなくなってきたと書かれていました。

 

いろんな仕事がロボット(AI、IoT)にとって代わられるという話は連日のように目にする話ですが、加えて、日本には急激な人口減少という課題がせまってきており、

 

一部の特殊な業界・職種の人をのぞき、ただの中間層でいることはかなわず、
今後ますます自身が持っているスキルを磨けあげ且つ生産性を高めていく努力をすることが求められていくのは間違いないでしょう。

 

ABC店舗ではこのような危機感からスタッフの教育に力を入れており、
「あらゆる業界・職種で活躍でき、新しい価値を創造できる人材」の輩出を目指しております。

 

スタッフ1人1人の考え抜く力、論理的思考力、問題解決力を伸ばせるよう
先日ご案内した通り社内研修「クリティカル・シンキング研修」を実施しました。

 

 

この研修によって一朝一夕に
素晴らしいサービスの提供ができるようになるわけではないのですが…

 

日々の業務に学びを活かし、
2018年も1人でも多くの首都圏で飲食店を開業したいという野望を抱いているお客様のお役に立てるように努めてまいります。

 

どうか本年もよろしくお願いいたします。

 

ちなみに紙面は「未来を見据えて自分を鍛える賢いキリギリスこそが新しい維新の担い手となる」という一文で結ばれていました。

明けましておめでとうございます

 

マーケティング部のマネージャーの大木です。

明けましておめでとうございます。

皆さま、年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。

 

私は正月三が日を実家で過ごしました。

 

 

実家を18歳で出てからすでに20年以上経ち、両親とじっくり話す機会もお盆と正月程度。

(同じような境遇の方も多くいらっしゃるかと思います。)

 

学生の頃は、参観日だったり運動会だったり、なんとなく自分の子供の普段の姿を見ることができますが、社会人になってしまうとそんな機会もなくなり、以前は帰るたびにこんな会話が、、、

 

父「働いている会社って何て会社だっけ?何の仕事してるんだっけ?」

私「えーと、不動産会社で、だけどマーケテイングって部署で不動産の事はやってなくて、、もごもご」

父「そっか(?)、で、忙しいのか?」

私「そうだね、まあ、忙しいかなぁ…」

父「体壊さないようにな…」

 

ありがちだとは思いますが、なかなかうまく話すことがでないですよね。

 

そこで、、我々の会社では親御さんやご家族に、今どんな会社で普段どのような働きぶりをしているかを少しでもお伝えし、なんとなく安心できる会社だと感じでいただいたり、団らんの話の種になればという思いから、以下のような取り組みをしております。

 

「身近な大切な方に誇れるシーンをつくろう!」

 

・ABC TENPO NEWS
※その年の会社の取組みや行事などを写真とともにまとめた社内報→こちら

・上司/同僚からの手紙

・おせち

 

私も毎年12月になると実家に「今年もおせちが届くから用意しなくていいからね~」と

電話する時にちょっと誇らしげ(もうその時点で)になります。

(個人的にはこの取り組みがかなり気に入っています。)

 

 

また、当社で契約されたお客様にも同じく、

「身近な方に誇れる」場になればと、以下の取り組みを行っております。

 

■開業オーナーインタビュー

ABC店舗開業されたお客様の店舗にお伺いしプロのライターとカメラマンが取材をさせていただき、開業に至るまでの想いやエピソードを語っていただきます。
https://www.abc-tenpo.com/contents/story/interview

 

■ABC店舗のPRを利用して雑誌掲載されたお客様

ABC店舗のPRプロジェクト(店舗無料宣伝)を利用して雑誌やニュースに取上げられたお客様の店舗をご紹介しております。
https://www.abc-tenpo.com/contents/pr/pr2
https://www.abc-tenpo.com/contents/pr/pr3

 

もともとは先輩開業者の方にインタビューさせていただくことで、

これから開業する方の参考になればと思いスタートした企画でしたが、

開業された方の身近な方へちょっとした「誇れる」場所にもなるのではと思います。

 

飲食店の開業というのは個人事業主の方にとっては大きな決断だと思います。

ABC店舗は「開業支援」だけではなく「成功をサポート」させていただく企業として

皆さまのお役に立てるようスタッフ一同邁進してまいりますので、

本年もお引き立てのほどお願い申し上げます。

PAGE TOP