株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

記事一覧

営業担当としての喜び

こんにちは。

本日のブログ担当の営業部の石川(真衣)です!

 

写真の一番左側におります。石川です。

 

先日お客様のオープンされたお店にお食事に(お祝い)行って参りました。

本日はそちらのご紹介と私の思うことについて書かせていただきます。

 

12月25日にオープンされたのは

五反田東口にある「酒と泪と肴と炉ばた」
https://s.tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13216787/top_amp/

 

炉端焼きが楽しめるお店です。

 

路面店角地という好立地を最大限に生かした外観は歩いていても目を引きます。

造作は中も外も白を基調としていてお上品な感じです!

 

お店は店長さんと元気な女将さんがやっていました。

おもてなし上手の女将さんにはファンも多いのではないでしょうか。

初めてお会いしたのに私もその一人になりました。

 

お料理もたくさんいただきました。

どれもこれも大変美味しかったです!

 

 

 

炭火と鉄板で焼いた鴨ロース

 

 

 

ベビー帆立の酒蒸し

 

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

そして、ご契約して下さったお客様のお店がオープンされている時にやっと一つ思うことがあるのです。

 

「あーこんな私でも少しは誰かのお役に立てたのではないだろうか」

と。(おこがましいかもですが)

 

 

オープンしているお店を見て営業担当としても本当に良かった!と嬉しくなります。

さらに

 

「ステキなお店を作って下さってありがとう!」

と感謝の気持ちが湧いてきます。

 

 

 

お客様にとって物件取得(契約)は繁盛店を作るという目的の為の手段だと思います。

なので私もお客様の本当の目的が達成された時に一番喜びを感じております!

 

 

お店を一個出すというのはものすごく大変で大きなことですので、お店を出される方のお手伝いを少しでもさせていただければなと日々思っております。

 

 

不器用ですがどうぞ今後ともよろしくお願い致します!

 

 

中国の年末年始

 

みなさま、こんにちは。
本日のブログを担当する、情報システム部の于丹です。

 

先週は中国のお正月でしたので、少しだけご紹介いたします。

中国の正月は毎年決まっている日ではなく、旧暦で正月の日が決まります。

 

 

 

正月が近づくと中国の人々は忙しくなります。

 

一年間頑張ったので、新しい服などを買ったり、旧暦の最後の日に大掃除を終えた後、プレゼントを持って親族の中で一番年上の人の家に行きます。

 

そしてみんなで集まって、一緒に正月を祝います。

 

夕方になると、みんな一緒に春節聯歓晩会を見ながら晩御飯の準備をします。

 

餃子を食べながら、親族で除夜を過ごします。日本の年越しそばと同じ習慣です。

 

中国で、餃子はたくさん種類があります。

肉、野菜、茸、海老、卵などいろいろなものを入れます。

 

 

 

 

一般的には水餃子が食べられます。これは、お湯でゆでたものです。

 

そのほかにも、日本で有名な焼き餃子や蒸し餃子などもあります。

 

 

 

正月の1日は父の実家に帰り、翌日は母の実家の家族に会います。

 

一緒にご飯を食べたり、新年の計画などをしゃべったりしてとても楽しいです。

 

みなさまも是非、中国の正月も訪れてみてくださいね。

 

 

 

数値化された情報のメリット

 

皆さまこんにちは。

本日は、経理課中筋がブログを担当いたします。

中筋のデスクからお送りいたしたます

 

 

 

突然ですが、私は学生時代2つのケーキ屋さんでアルバイトをしておりました。

 

 

 

 

私が働いていた店舗はどちらも売り場面積が広くなかったので、特に平日は締め作業を一人で行うシフトがよくありました。

 

その時に一番悩んだことが発注作業です。

 

多く発注しすぎればロスにつながりますし、かといって少なすぎると欠品してしまう……。

 

そんな発注作業ですが、2つのお店で大きな違いがありました。

 

CASE1

 

1つ目のお店は地元に2、3店舗展開する小さなケーキ屋さんでした。

 

そのお店は在庫管理をノートで行なっており、いつ何が何個売れたのかが少々分かりにくく、最近〇〇が良く売れている気がするな~といった感覚が頼りでした。

 

CASE2

 

それとは対照的に、2つ目のお店は百貨店などにも展開している比較的大きなケーキ屋さんだったので、POSレジが導入されていたり、在庫管理用のwebページがありました。

 

どちらのお店の方が発注作業の負担が少ないか一目瞭然ですよね。

 

「明日は雨予報だから発注数を少なくしよう、気温が高くなるみたいだからゼリーの発注数を増やしておこう」といった勘や経験が役に立つときもあります。

しかし、きちんと数値化された情報はより頼りになる、とバイトの立場ながら感じたことを覚えています。

 

 

ABC店舗では、POSレジ導入サービスや提携会計事務所のご紹介など、皆さまの経営サポートができるよう新しい取り組みを行なっております。

 

皆さまの夢のお手伝いができるよう日々努めてまいります。

 

 

 

 

お客さまの夢。自分の夢

 

みなさま、こんにちは。

本日のブログ担当の吉村です。

 

今回はABC店舗の経営理念でもある「夢」についてお話しします。

私達、ABC店舗の社員は、独立開業を目指す方々の「夢」を叶えることを常に考え、仕事をしています。

 

 

そうした中、つい先日の研修の際、講師の方より質問を受けました。

 

「皆さんの夢を教えてください」

 

その時、私自身の夢がなかなか出てこず考え込んでしまいました。

 

お客様の夢を叶えることも大事ではあるが、

そういった仕事やプライベートを通して自分の夢についても考えなければいけないなー

と、ふと思いました。

 

 

「夢」を再開したい

 

私の「夢」はバックパッカーで海外旅行に行くことです。

 

私は学生の頃にあるテレビを見て海外旅行に「夢」を持ち、ヨーロッパに一人旅をしました。

その頃の思い出は、いつになっても忘れることがないくらい多くの感動をうけました。

 

この写真はスイスに行った時、アルプスに登った時の写真です。

 

素晴らしい景色もたくさん見ました。それだけでなく現地で色々な人に会い、助けられ、別れがありました。そういったことは一生忘れられない経験になりました。

 

 

以前は仕事をしていると「夢」のことなんて考える暇も無いような、張りつめた状況でした。しかし、現在ABC店舗ではフレックス制度の導入により、プライベートの時間を前より多く作ることが出来ています。

 

まだまだ行ってみたいところがたくさんあるので「夢」の海外旅行を再開したいなと改めて思い、これからの仕事の活力にしていこうと思います。

 

 

小田急線で5番目に大きな駅、本厚木!

 

皆様、こんにちは。今回のブログを担当させて頂く、営業部の高見澤です。
宜しくお願い致します。

 

突然ですが、皆様店舗物件はどのエリアでお探しでしょうか。

弊社をご利用いただき、店舗をお探しなのであれば、東京都心を中心にお探しでしょう。

 

そこにはきっと、都心の方が人が多く、集客も出来て売り上げが上がるだろう、という見込みがあるのだと思います。
では、人が多くて売り上げが上がる、という条件が揃っていれば、他の県も検討していただけるのではないでしょうか。

 

そこで本日は、神奈川県にある本厚木の店舗についてご紹介させて頂きます。

 

本厚木駅とは?

 

 

・小田急線の中で、5番目に乗降者数の多い駅
・オフィスやビジネスホテルなどが多く、ビジネスマンが多い
・商業施設が多くあり、地元民も利用しやすい

 

 

周辺には何がある?

 

 

・近くに大手企業の研究所や工場があり、下請け企業も周囲に集まっている
・周囲に大学が三つほどある為、多くの学生が駅を利用する
・厚木市役所や厚木郵便局があり、地域住民の生活の中心になっている

 

弊社物件の情報!

 

 

・駅を出て、正面にある通りに面しており、大手チェーン店も数多く出店している
・看板スペースが非常に大きく、視認性は抜群になっている
・オフィス街と繁華街の両面の特性を併せ持つ立地である

 

上記のように、東京都心以外にも店舗を出店しやすい場所は多くあると思います。

物件探しにお悩みの方は、是非一度、希望エリアから離れた場所もご検討いただければと思います。

 

 

 

二年前に入社してから、反省と成長

 

皆様こんにちは。
本日のスタッフブログは、不動産管理部管理課の小松が担当をさせて頂きます。

 

黒ぶちメガネの小松です

 

私は二年前に新卒として入社をし、現在に至るまでお客様から頂くご相談を解決できるよう励んでおります。

 

入社当時を振り返ると、知識のなさや物事を伝えるための技術に乏しく、お客様にご満足いただけるようなご対応が出来ていなかったと感じる事も少なからずございました。

 

現在では業務の中からだけでなく、時には上司の方や先輩の方からのアドバイス、時にはお客様からのご指摘であったり、過去の知見を元に自らの学びとして身につける事ができています。

 

少しずつではございますが、お客様にご満足頂けるようなご対応ができるように成長していると感じます。

 

 

 

また、幸いながら当社では業務だけでは身につける事ができないスキルを、社内の研修だけでなく、外部の研修で学ぶ事も推奨されております。

 

自身のやる気次第で様々な知識を学ぶ事ができる環境も整っているため、積極的に学んでいきたいと思います。

 

直近で私が受講した外部研修では、今ある情報を自分がスッキリ理解できるように落とし込む技術を学ぶ事ができました。

 

この学びを今後の業務にも活かしていき、お客様により良いサービスを提供できるように努めてまいります。

 

まだまだ至らない点があるかと存じますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

入社1年目で嬉しかったこと

みなさま、こんにちは。
営業部 吉川です。

 

写真の右が吉川ですよろしくお願いします!

 

今回は、私が所属する営業部(開発)についてお話しします。

 

 

私たちは、ご閉店をお考えのお客様や、物件を所有しているオーナー様、管理している不動産会社からお話をいただき訪問します。

 

通常、スケルトンに戻して退去しなければいけないところを、居抜きのまま次の方に引継ぐお手伝いをさせていただきます。

 

私は入社1年目で、入社当初は右も左も分かりませんでしたが、初めて契約させていただいたお客様からABC店舗に任せて良かったと言っていただき、これからもっと沢山のお客様の喜ぶ姿を見れるよう頑張ろうと思いました。

 

お客様にとってなるべく負担の少ないように
全力でお手伝いさせていただきます!

物件お探しの方はもちろん、ご閉店をお考えの方も、ぜひABC店舗にご相談ください。

 

 

ランチ需要が高い町

こんにちは、営業2部石川です。
飲食店開業希望者のお客様に日々、物件を紹介させて頂いております。

 

私のスタバ風Tシャツはベトナミーズコーヒーと書いてあります。

 

物件紹介と一言で言ってもお客様の求める物件は千差万別、
特に居抜き物件という全てが一点物の商品を取り扱う弊社の性質上、
お客様とのコミュニケーションは欠かせません。

 

丁度いい広さで、
賃料も初期投資も安く済んで、
人通りの良い目立つ場所にある物件。

 

そのような物件を取得できたお客様はとても運のいい方だと思います。

 

しかし、現実なかなかそうはいきません。
お客様がどのような物件を探しており、どのような条件を優先しているのか、
ご自身でも把握できていない優先順位を一緒に整理することができれば、
物件探しや新規出店に大きく力になれるのではと考えています。

 

さて、そんな物件探しの中でこのような条件を求めるお客様が多くいらっしゃいます。
「ランチ重視で回せる店」「サラリーマンの集客が取れる場所」
それってどのような物件でしょうか?

 

これは正しさを保証できるものではない私の持論なのですが、
サラリーマンが多い町という事は、周辺にオフィスが多い町という事、
オフィスが多い場所はどうやって探せばよいでしょうか?

私は【銀行の多い町】が一つの答えだと考えております。

 

 

経営者の多くは毎日通うメインバンクをオフィスの近くから選ぶことが多いと思います。

 

銀行が多いからオフィスが多い
オフィスが多いからサラリーマンが多い
サラリーマンが多ければランチ客が多い

 

安直すぎるかもしれませんが、一つの目安にできるのではないでしょうか。
なにかの参考になれば幸いです。

 

 

 

人の記憶に残るサービス

皆さんこんにちは!
事務部の住吉です。

 

手前がわたくし、住吉です。

 

先日、バレンタインデーだったので、
恥ずかしながらバレンタインデーのお話しを。

 

私がバレンタインデー近くになると必ず思い出すのは、
不〇屋のパラ〇ルチョコレートです。

不〇屋もバレンタイン向けに作った商品ではないでしょうに、、、

これは、小学校4年生のとき、初めて女の子からもらった
「本命チョコ」なのです!!!

その子はおとなしいタイプの女の子で、クラス内では特に女の子に
いじめられていました。

 

私はというと、だいたい小4男子はそうだと思いますが、日々馬鹿な遊びを
たしなむ健康な男子だったと思います。

 

その子がいじめられているところを助けたり、かばったりといったドラマのような
出来事はこれっぽっちもありませんでした。

 

でも、彼女が隣の席になった時に、彼女が教科書を忘れた日には自分の教科書を
並べて見せてあげたりはしてました。(ずいぶん忘れ物の多い子だったなぁ…)

 

そんな4年生のある日、彼女が恥ずかしそうにパ〇ソルチョコレートを
一つだけ私に差し出しました。

 

何も言われず、すぐに授業が始まったので隠すようにチョコをしまい、
その後何もなく年月は過ぎました。

 

今その子がどうしているのかも全く知りません。

そして、私が本命チョコをもらったのは、そのときだけではありません。
(もちろん!!)

 

でも、なぜか一番思い出す、一番うれしかったチョコはそれなんですよね~。

人間が記憶していたり、喜んだりするツボは、他人には絶対にわからないのかも
しれません。

 

なんでもAIができてしまう世の中になったとしても、人の記憶に残り、
人が心の底から嬉しく思うサービスというのは、やはり人間にしかできないと
思う次第でございます。

 

働き方改革

こんにちは。
本日はシステム情報課のジョがブログを担当いたします。

外出先でのオフショットです

最近、働き方改革に関する記事がよく掲載されています。
企業にとっては人口減少による労働力不足が大きな課題となっています。

 

サービスや事業の低下、事業の縮小などを余儀なくされることも少なくありません。
このようなことが当社で起きないように、我々が働き方改革を実施しています。

 

・モバイルワークオフィス
去年後半から、当社がモバイルワークオフィスのサービスを利用し始めました。
このサービスによって、移動時間などの削減に繋がり、お客様のニーズをいち早く対応できるようになってきました。

 

・フレックスタイム制
今年2月、フレックスタイム制を全社導入しました。
優秀な人材の流出防止や、新たな人材の確保のしやすさにつながり、
残業時間を発生させなくても、お客様に合わせたサービスを提供することが可能になります。

 

・在宅勤務
去年12月、在宅勤務を一部の部署に先行導入し、今年中に全社導入します。
大規模災害でオフィスに出勤できなくなっても、業務を継続する体制を整えます。

 

お客様にいつも高品質のサービスを提供できるよう、

当社は社会の変化に合わせて、常に進化しています。

 

 

PAGE TOP