株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

記事一覧

とある休日の過ごし方

皆様、こんにちは。

月末の金曜日、本日は経理課が担当いたします。

 

めったに休日に出かけることはしないのですが、どうしても観たい映画があり鑑賞してきました。

 

 

 

 

学生時代、一部の中でQueenフリークがおりまして、私も刺激を受けた一人です。

年齢がバレそうですが、ど真ん中世代ではありません…

 

 

初めて聴いた曲がこの『ボヘミアンラプソディー』です。

当時、“天才・鬼才・破天荒”という言葉はこのFreddie Mercuryのためにある言葉だと本当に思っていました。

劇中の楽曲すべてが知っている曲で、彼の生い立ち・苦悩・名曲の誕生を知ることができて本当に感動的でした。

エンドロールの最後まで席を立つお客さんはいませんでした。

 

 

 

実は私は女子大卒業後に音楽学校に通っておりました。

飛び級をして入学したこともあり(大学でいうと3年生から入学しました)、授業についてゆけず、学校のほかにアナリーゼ(音楽理論・楽曲分析)、実技レッスンを2つも掛け持ちし、アルバイトも2つこなす超多忙な2年間を過ごしておりました。

その学生生活の中で色々な音楽に出会い、その中の一つがQueenです。

あの頃の自分はしんどい・忙しいと思ったことはなく、充実し過ぎて時間が足りないくらいに思っておりました。

 

 

 

この映画をきっかけに忙しい毎日を淡々と過ごすのではなく、充実した生活を送っていた自分を思い出すことができ、初心に帰らねばならないなとつくづく感じたお休みを過ごすことが出来ました。

 

 

明日から残り1ヶ月、皆様も充実した1年だったと思える年末をお過ごしください!

 

 

 

残業ゼロ

みなさまこんにちは。

いつもABC店舗をご愛顧いただきありがとうございます。

本日は経理部会計課が担当いたします。

 

 

当社では予てより、残業ゼロ・有給取得率100%を会社の目標としてかかげて取り組んでまいりましたが、先日倉嶋のブログにもあったように、今月16日から残業ゼロ実現に向けた新たな取り組みが始まりました。

 

ABC店舗は残業0にチャレンジします

 

今回の取り組みは、本社・分室ともに入室退室の時間を平日8:30~18:30に制限し、それ以外の時間の入室は原則禁止。

時間外のパソコンの持ち出しも原則禁止するといった取り組みです。

 

 

 

正直、最初は無理なのでは…と思っていましたが、バタバタしつつも今のところ私の部署は達成することが出来ています。

 

今回の取り組みを機に仕事の終わる時間がより読めるようになったので、先日仕事後に友人と合流して、分室のすぐそばにある弊社ご契約者さまのお店にお邪魔してきました。

 

実は以前ランチに行こうとした際、お店の外までお客さんが並んでいて断念したことがあり、気になっていたお店です。

 

 

浜松町・大門エリアにOPEN!「ビストロ カリテプリ (Bistro Qualite Prix)」

 

 

最初に注文したのは、シュークリームに見立てたポテトサラダ。

 

 

メニューを見た瞬間これは頼んでみたいと思ったお料理です。

 

 

つい写真を撮り忘れてしまいましたが、他のお料理もとても美味しく、お店の雰囲気もよく、是非ランチタイムのリベンジもしたいなと思いました。

 

 

 

さて、11月も今日・明日で終わりあっという間に12月やってきます。

 

経理部は月末月初が比較的忙しい部署ですので、残業ゼロ達成に向けてこれからが大変になる時期ですが、終わりの時間が決まっているからこそ、今まで以上に優先順位を考えたり、細かい業務の効率化を図ってみたりと目標達成に向けて取り組んでいけるよう頑張りたいと思います。

 

 

「電子契約」の導入

皆さま、こんにちは、情報システムの稲毛です。

今回も、ABC店舗が導入に取り組んでいる「クラウドサイン」という「電子契約」のコンピュータサービスについてご紹介致します。

 

 

「電子契約」とは、インターネット上で契約を締結することを指します。
従来、契約締結は「紙と印鑑」でなされていましたが、インターネットの普及や、電子署名法・電子帳簿保存法等の法整備に伴い、電子化が進んでいます。

「電子契約」には3つのメリットがあります。

 

 

1.契約締結のスピード化
紙で契約を締結する場合、押印や郵送などの作業だけで1~2週間程度が掛かってしまうこともありますが、電子契約の場合、お互いがパソコンやスマートフォンで作業をするだけですので、早ければ2、3分で契約締結にかかわるすべての作業を終えることができます。契約締結がスピードアップすれば、取引先とのコミュニケーションもよりスムーズになります。

 

・契約締結工程の違い
従来の紙と印鑑

クラウドサイン

 

 

2.コスト削減
電子契約の場合、郵送代・紙代・インク代は当然のこと、印紙代もかかりません。また紙での作業がなくなるため、事務作業にかかる間接的なコストも削減することができます。

 

 

3.コンプライアンスの強化
契約書を電子データとして一元管理することで、業務の透明性が向上し、抜け・漏れを少なくすることがで
きます。またバックアップデータも写しではなく原本ですので、原本保全の確実性が高まります。

 

「電子契約」以外にも、Web申込み、Web請求書発行等、お客様がより便利になる仕組みを構築中です。ご期待ください。

自分から求めていない初体験

 

いつもABC店舗をご愛顧いただき、ありがとうございます。

本日のブログは、マーケティング課マネージャーの大木が担当いたします。

 

 

40歳を越し日々普通に暮らしていると「初体験」というのがあまりなくなってきます。

個人的には、刺激を求めるタイプ(笑)なので、「初体験」を求めてしまいます。

 

例えば、ライブに行くのが好きなので、ここ2ヶ月で3回も行きましたし、12月も何回か行こうと思っています。

初めて見るアーティストに感動したり、一緒に行く仲間と食事する時間も楽しく、

休日を楽しむことで、確実に普段の仕事のパワーアップにつながっています。

 

 

 

そんな中、先日のお休みに「自分から求めていない初体験」に、2つ遭遇しました。

 

ひとつ目は、小学生の娘がTWICEのファンで(社会的な問題は置いといて…)グッズを買いに行きたいということで十数年ぶりですが新大久保に行ってきました。

 

 

 

皆さんご存知の通り、昔から新大久保周辺には韓国の方が多く私が行っていた頃は韓国料理か、韓国食材の店しかなかったのですが、電車から降りた瞬間、人だかり!!

 

なんとも原宿なみの混雑で、歩行者天国になっているわけでもないので道路の両側の歩道が大混雑しています!

お店も、韓国アイドルのグッズを売っている店は全て混み合っており、チーズドッグの店や韓国料理の店はお昼前から行列。

そこで売っているグッズを見ていると、思うところは多々あるのですがそこは置いといて…娘は大満足でした。

新大久保の街が変わった様子の「初体験」でした。

 

 

もうひとつはその夜です。

地元の友人から

 

「釣ったイサキがあるけど食べる?」と言われ、

私は外出中でしたのでタイミングが合わず、外ポストに入れておいてくれました。

 

家に戻りポストを開けると。

 

 

「でかい…」

 

 

40cm近いボディに不安がよぎる。

 

私の父親はコックで中学から教えこまれていたので、週末はほとんどの夕飯をつくるほどで、そこそこ料理には自身があります。

 

が、しかし唯一、魚だけさばけない…悲しい。

 

最近は中学生の上の息子が魚をさばいてくれるので、お願いしてみましたが

 

 

「そんなでっかいのはちょっと…」

 

 

おう、、、これは本日2回目の初体験到来。

 

妻に頼もうか、正直30分くらい悩みましたが、ここは父親のいいところを見せなければということで、鮮魚店の方がYouTubeにアップしている「イサキのさばき方動画」を見ながら何とかさばきました。

 

 

 

 

 

正直、魚をさばくことを毛嫌いしていましたが、実際にやってみると、

 

「次はもっとうまくできる!コツがつかめるはず!盛り付けにもこりたい!」など

 

新たな目標もうまれてきました。

 

 

 

中高年になると、経験していない仕事や、何か毛嫌いしている領域ってあると思います。

 

しかしながら、重い腰を上げてチャレンジしてみると発見があるはずです。

 

最近、現場に出ることが増えて来たためそういった思いがいくつか浮かびます。

 

まずは、チェレンジする、そういった気持を忘れずに仕事もプライベートも、

そして会社全体としても持ち続けていきたいと思います。

業務の標準化に向けて

 

いつもABC店舗をご愛顧いただきましてありがとうございます。

事務課の吉川です。

 

 

突然ですが、皆様はマニュアルをお持ち、または開業後は作成されようと考えてますか?

 

ご家族で経営、個人のみで経営される場合はさすがに必要ないかもしれませんが、複数人で営業されようとしているならば、マニュアルは必ずあった方が良いと思います。

 

 

 

 

私の部署はカスタマーサポートという、お客様からのお電話やメールに対してお応えする部署がございます。

 

お客様からのお問い合わせ内容は多岐に渡り、幅広い知識と柔軟な対応力を持っていなければならないという高スキルが求められる部署です。

 

今まで当部署は、お問い合わせの内容があまりにも広範囲に及ぶため、滅多に無いようなケースは担当者の知識での判断に留まり、知識を持っていない者は一度社内で確認して再度お客様にご連絡する、という経験と知識ある者に頼る、所謂属人的な部分がありました。

 

 

そんな状況を憂慮し思い立ってくれたのが当部署の一人です。日々の業務マニュアルというのは、一定レベルの知識やスキルをいち早く身につけさせ、従業員のスキルの標準化を図ることができるため、彼女は後世のためにも日々多忙な中、業務マニュアルを少しずつ作成してくれています。

 

また、なかなか無いようなケースのお問い合わせ等のQ&Aを作り、特定の個人に仕事が集中してしまい、知識が偏るという状況を打破してくれました。

 

もちろんまだまだ未完で、これから更に追加修正していく必要はありますが、部下の個人としての成長ではなく、会社としての基盤を固めようとする姿勢に私は感激してしまいました。

 

 

 

 

飲食店を営業させる上でも、大手チェーンのように事細かくマニュアル化することは難しくはありますが、従業員を一日でも早く一定のラインまで持っていき、個々人により対応が異ならず標準化させるためにも、是非ともマニュアルの作成をお勧めいたします。

 

効率の良い飲食店運営のためのマニュアル作成のすすめ | オリジナルの居抜き物件・居抜き店舗ならABC店舗

 

 

ちなみにマニュアル作成やその運用方法を教えてくださる会社があるそうで、来週そのセミナーを受講してきます。部下に負けず、会社としての成長を目指すためにも、私も多くのことを学んで実装していきたいと思います!

 

 

胸をグッと鷲掴みされたような本たち

みなさんこんにちは。

本日のブログ担当、営業部の吉村です。

 

少しづつ寒くなってきて、気持ちもどんよりしてきそうな今日この頃ですが

この気持ちを吹き飛ばせそうな事があったのでお話致します。

 

最近、港区の三田にあります「古民家 Bar 書斎」というところに行ってきました。

正直、私は読書が苦手で、読んでも簡単な小説を年に数冊くらいでした。

そんな私が、表紙を見ただけで胸をグッと鷲掴みされたような本を見つけました。

今回はその本の紹介をさせていただきます。

 

 

まず一つ目はこちらです。

 

 

 

この本はまさに、帯に書いてある「死ぬ気でやれよ、死なないから」という言葉に、すぐに引き込まれてしまいました。

私はまだ表紙と、中を少し読んだだけですが、皆さんもこの言葉に引き込まれた方がいれば是非手に取ってみてください。

 

 

二つ目はこちらです。

 

 

この本はお店のオーナーさんにおススメされた本ですが、どのページを開いても、人生で直面する問題について「筋トレ」を解決方法として提案してくれます。

仕事やプライベートでの悩みを「筋トレ」の高揚効果と成功体験の積み重ねで乗り越え、結果的には人生を変える一冊になると思います。

 

筋トレに全く興味がない方でも、とても読みやすい内容になっています。

ちなみに私も筋トレには全く興味がございません。

 

 

 

 

最後はこちらです。

 

 

この本は、今年MLB新人王を取った大谷翔平選手がバイブルとしている本だそうです。タイトルではそうは思いませんでしたが、ビジネスマン必読の一冊とのことで10数年前に大ヒットし世界中でベストセラーになっているとのことです。

こちらもまだ少ししか読めていませんが、すぐに引き込まれ早速ネットで購入し、届くのが楽しみな本です。

 

 

私は今までの人生で、ほとんど本を読まずにここまで来てしまいました。それによって特に悪いことが起きたわけではありませんが、今自分が置かれている立場を考えると、部下は少なくとも人の上にたつ身として、自分の考えだけでは乗り越えられない壁が多くなりました。

今後はさらにそういったことが増えてくると思い、凝り固まった思考を少しでも柔らかくすることが出来ればいいなと思い、これをきっかけに読書を少しずつ初めてみたいなと思います。

 

次回のブログで、簡単に本の感想をお伝えさせていただきます。

 

 

当たり前

いつもABC店舗のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

営業部の新井です。

 

 

 

 

特に朝の通勤時間の電車では駅で停まる毎に

大勢の人が降りて、大勢の人が乗って、を繰り返します。

 

 

出入り口の近くにいる人は、乗り降りがスムーズになるように一度電車から降りたり、

リュックを背負って乗車する人は、荷物を自分の前で抱えたり、

周囲の方への少しの気配りで成り立っているようにも思えます。

 

 

 

いつも乗る電車での何気ない光景なので気にしていませんでした。

 

今朝の電車では少し気になることがありました。

自分がいるところからは距離があり、見えづらかったのですが

降車する方が落とし物をしてしまい、それに気付かずに行ってしまいました。

大勢の人が一斉に降りたため、誰が落としたのかもわからず、持ち主は戻ってこず、

物が落ちているまま勢いよく乗車する人達が押し寄せ、

落とし物が見えなくなってしまうほどでした。

 

自分が降車する頃には落とし物はすでにありませんでした。

誰かが拾って駅員さんに渡してくれたと思います。

 

落とし物に気付いた人は自分以外にもいたはず。

拾える距離にいた人も誰が落としたか分かった人もいたかもしれません。

 

自分が落とし物の近くにいたら、動けただろうか。

落とし主を知っていたら追いかけただろうか。

どちらにせよ、動ける人間でありたいと思います。

 

当たり前のことは当たり前に実行する。

当社でも組織である以上、ルールがあります。

「5分前行動」です。

 

そんなこと、と思われるかもしれませんが

できて当たり前のことを当たり前に実行しよう。

という意味も込められています。

 

 

基本がなければ応用もありません。

当社全体が当たり前のことを当たり前にできる組織でありたいと思います。

 

夢をサポートする「おせっかいチーム」

 

経営サポート部の山﨑です。

今ではいつのことだったか定かではないのですが、

朝、目を覚ました時に、先ほどまで見ていた夢について、

こんなすごい夢は見たことがない、書いておいて本にしよう、と涙を流しながら目を覚まして、

ちょっとトイレ、で、終わったら全てを忘れていました。

感動の原因が消え去って、結果である圧倒的な感動の余韻が残っているだけです。

 

 

 

「大金持ちになる!」「20年の修行の成果を試してみる」など、

様々な目的で開業を決意されたお客様が、いざ営業を始めてみると、日々の資金繰りに追われて、

それどころではなく、開業の目的が消え去って、日々の営業と資金繰りだけが残っている・・・。

 

 

このような件でお客様の目的達成のお手伝いをするメンバーを当社経営サポート部で募り、

おせっかいチームと愛称を決めて活動を始めました。

これってどうすればいいかな、とちょっとしたことでもご相談いただける存在になれることを目指しています。

 

たとえば、その活動の一つに融資サポートがあります。

 

https://www.abc-tenpo.com/keiei-support/

 

 

実績も重ねて、自信を持ってお勧めできるサービスです。

また、当社の顧問には、公庫で5,000件以上の融資を担当され、現在、資金調達コンサルタントとして活躍されている上野光夫先生にご就任いただきました。

 

特に創業融資に力を入れています。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

残業ゼロへの取り組み

皆様、こんにちは。
本日のブログは経営サポート部の倉嶋が担当致します。

 

昨今、ライフワークバランスの重要性や、働き方改革などという話題を
よく聞くようになっていると思います。

 

ABC店舗でも、先週金曜(11/16)より残業ゼロ達成に向けて、

新たな取り組みを始めました。

 

 

ABC店舗 残業0チャレンジ

 

今までも、何度か同じように残業ゼロに向けた取り組みを実施しましたが
時間がたつにつれ形骸化し、結局今まで同様残業は発生していました。

 

今回の取り組みは、朝は8時半以前、夕方は18時半以降事務所への入室を基本的に禁じ
PCの時間外利用も制限するという、今までより強制力の強い取り組みです。

 

 

残業削減の取り組みは、会社からの号令で無理やり早く帰るだけでは長続きせず
根本的な業務の取り組み方を企業全体・各部署で取り組まなければ
達成できないものだと思います。

 

私の所属する経営サポート部の管理チームは残念ながら、この残業削減取組前の段階で
全社で一番残業が多いという不名誉な状態です。

この残業ゼロの取り組みを機に、業務のフローを見直すなど、現在、部内で様々な試行錯誤をしているところです。

 

いきなり仕事がなくなることはないので、目標達成がすぐにできるかは微妙ですが
これをいい機会ととらえ、業務の根本を見直していき、
部全体で、目標達成できるように取り組んでいきたいと思います。

 

仕事の効率化は、どんな仕事でも共通の課題だと思いますので
皆様も、今ある仕事を見直し効率化を図ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

軽減税率

みなさまこんにちは。
本日は経理部部長の池田がブログを担当いたします。

 

さて、少々前の話ですが、安倍首相が消費税増税を正式表明しました。

今回の消費税増税では2014年に8%に増税したときにはなかった施策が注目されています。

 

 

 

 

「軽減税率」とは政府のホームページによると、

 

「社会保障と税の一体改革の下、消費税率引上げに伴い、低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に消費税の「軽減税率制度」が実施されることになりました。」

 

とのこと。

 

 

特にこのブログを読んでいる方は、「酒類・外食を除く飲食料品」の軽減税率の対応に悩まれている方が多いのではないでしょうか。

 

また、飲食店の皆様は、「外食を除く」と記載されているため全て10%で計算すればOKと考えていると思わぬ落とし穴に落ちてしまう可能性があります。

 

 

今回の制度では「外食」の定義が決まっています。

 

具体的には、飲食店でもテイクアウト、出前、お土産、屋台での飲食(テーブル、椅子なし)などは消費税が8%になり対応が必要です。具体的には、お会計時に複数の税率による計算とレシートへの印字が求められ、複数税率に対応したレジ導入が必要となってきます。

 

政府では、これらに対応するためのレジ設備を導入・改修したりするときに使える「軽減税率対策補助金」を用意しています。

 

ABC店舗では お客様の店舗経営のサポートのため、これらのレジ設備の導入や、補助金申請などの手続きのサポートも随時おこなっております。

ご気軽にご相談くださいませ。

 

 

PAGE TOP