株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

記事一覧

年末を感じる業務

皆さまこんにちは。

本日は経理部 経理課が担当致します。

 

 

昨年の今頃はインフルエンザにかかり、今年は早々に予防接種を打ったにもかかわらず現在は2週間以上風邪をこじらせております…

 

インフルエンザや風邪にはくれぐれもご注意ください。

 

 

さて、経理課では毎年12月になると年末調整の書類回収や支払調書作成の為の準備をしております。

 

支払調書作成では平成28年から個人番号の記載が税務署提出に義務付けられました。

 

物件の所有者様が個人の方の場合、個人番号のご提出を営業部を通してお願いしております。この回収業務が円滑に行われないと、年末に一気に追込みをかけることになります。

 

毎年この業務で私は年末を感じるのですが、

来年からは業務改善をしようと考えております。

 

 

 

 

 

弊社の営業も今年あと2日になりました。

 

経理課は直接お客様とお話しする機会がございませんが、お取引のあった全ての方に御礼申し上げます。

 

来年もご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

メリークリスマス

みなさまこんにちは。

いつもABC店舗をご愛顧いただきありがとうございます。

本日は経理部会計課が担当いたします。

 

 

さて、本日はクリスマスですね。

今年は3連休だったため、いつにも増して賑わっていたのではないでしょうか。

 

日本記念日協会によると、クリスマスの経済効果は約7,000億円とも言われており、近年盛り上がりを見せているハロウィンの経済効果が約1,240億円なのを考えると、クリスマスがもたらす経済効果の大きさがよく分かります。

 

ツリーやイルミネーションなどの装飾や、プレゼント、パーティー料理やケーキなどのごちそう、クリスマスにちなんだイベントなど、様々なことが消費に結びついています。

 

 

 

 

 

そんな中気になるのが、今まで祝日だった12月23日がどうなるのかです。

ニュースの記事によると、

 

「政府は、「天皇誕生日」として現在祝日となっている12月23日について、皇太子さまが即位される平成31(2019)年5月1日以降の天皇誕生日は2月23日となることから、即位後は当面祝日とはせず平日にする検討に入った。」

とあります。

 

 

平成元年生まれの私にとって12月23日は祝日であることが当たり前だったので、来年は平日になるのか…と少し残念であるとともに、年末のバタバタした時期に平日が増えてありがたいと思うのか…複雑ではありますが、皆様はどう感じますでしょうか。

 

また、クリスマス商戦にどのような影響が出るのかも気になるところですね。

 

 

 

今年も残りわずか。

風邪やインフルエンザも流行り始めているようですが、皆様も体調を崩されないよう、お気を付けくださいませ。

 

 

Webからのお申込み

皆さま、こんにちは、情報システムの稲毛です。

今回は、「Webからのお申込み」の仕組みについて、ご紹介致します。

 
皆様は、弊社サイトに会員登録して頂き、主にご希望の条件にマッチする物件を探されるために、活用されていることと思います。
現在の物件詳細ページでは「この物件を問い合わせる」、「お気に入り」に追加する、「内覧会に参加する」などの操作ができますが、新たに「今すぐお申込み」ができる機能を開発中です。

 
今までは、お申込み頂く際、記入項目が50以上あるお申込用紙に、手書きして頂いておりました。
「Webからのお申込み」を頂く際も、入力する項目数は変わりませんが、スマホからも入力することができますし、入力途中の状態を保管できますので、いつでもどこからでも、操作することが可能となります。

 
主な手順の流れとしましては

1.会員様が、気に入られた物件のWebページより、お申込み入力←New

2.会員様の弊社営業担当者宛てにメール送信←New

3.営業担当者が、お申込み内容を確認し、受付可否を会員様にご連絡

4.お申込みを受付けた場合、弊社内システムに自動申込み登録←New

5.弊社内で、お申込み内容を審査

6.審査結果を会員様にメール通知←New

7.審査を通過した会員様とご契約内容のすり合わせ

といった感じになります。

前回ご紹介した「クラウドサイン」は、この後のご契約を締結する際に、登場する予定となっています。

 
まだ開発中なのですが、そんなに遅くない時期に、皆様にご利用頂けるようになりますので、引き続きよろしくお願い致します。

より見やすく探しやすく

 

マーケティング課の大木です。

いつもABC店舗のサイトをご覧いただきありがとうございます。

我々マーケティング課の業務のひとつとして、Webまわりの計画~設計~構築の業務も行っております。

 

今月、居抜き物件サイトの一部改修が完了し公開いたしました。

これは、お客様が飲食店の居抜き物件をより見やすく探しやすく、
必要な情報がすぐにわかるよう設計しております。

 

 


居抜きABC店舗 https://www.abc-tenpo.com/

 

 

また、当社で契約されるお客様は、新規個人開業の方がほとんどです。

物件探し、資金調達、内装づくり、オープンまでの準備などをスムーズに行えるよう、

様々なコンテンツをご覧いただけるようになっております。

 

 

 

 

特に、当社で実際にご契約いただいたお客様のリアルな声をインタビューや日記で綴っていただいたコンテンツは、ただの飲食店開業マニュアルなどでは知ることのできない、リアルな話を多数掲載しております。

このコンテンツをさらに充実させるために、優秀なスタッフを抱えておりますが、さらに優秀なスタッフが12月1日より入社いたしました!

 

埼玉西武ライオンズのおかわり君こと中村剛也選手にそっくりな上、同じ苗字の中村くん(28歳)というスタッフです。

以前は、Webサイトの運営やSNSの活用セミナーの講師などなど、多くの経験を持つ期待のホープです!

 

今後、お客様と直接お会いする機会も多くなるかと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

出入国管理法の改正

 

いつもABC店舗をご愛顧いただきましてありがとうございます。

事務課の吉川です。

 

先日12月8日、日本の人手不足を解消すべく、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた改正出入国管理法が、参院本会議で可決、成立しました。

 

 

皆様ご存知でしょうが、外国人が飲食店で就労するには、細かな条件がたくさんあります。

 

 

 

外国人が日本に滞在するには「在留資格」が必要ですが、在留資格は27種あり、これにより就労が制限され、飲食店で「調理師」「料理人」として働くには現行の法律では在留資格が「技能」でなければならなければなりません。

 

(詳細はこちら 外務省オフィシャル https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/chouki/index.html

 

 

しかし、入管法が改正されれば、「特技技能1号」「特技技能2号」という新在留資格が創設され、1号の取得で最長5年間働きながら日本に滞在することが可能になり、さらに、高い専門技能が認められ2号を取得すれば、在留期間の更新もできます。

 

 

現在の入管法では、外国人留学生は週28時間までしかアルバイトが認められておらず、卒業をすれば就労できません。

 

しかし法改正後は、卒業後に新たに特定技能1号を取得すれば働き続けることができるようになります。飲食店経営者にとっては、能力をすでに身につけたスタッフを採用し続けることができるという点では大きなメリットになることでしょう。

 

また、留学生アルバイトは、勤務時間に上限があるためにシフトを埋めるには多くの人材を採用しなければならないという問題がありましたが、この問題も改善される可能性も高いです。

 

さらに、法改正によって日本で働ける外国人が増えれば、人手不足に悩む飲食店側は外国人雇用というチャンスがさらに広がります。これまで外国人を雇用したことがない飲食店も、人材獲得のひとつの選択肢として視野を広げることができるのです。

 

 

 

入管法改正法2019年4月から施行させる予定のようです。

とは言っても野党で指摘があるように、“生煮え”のまま改正法案が成立したので、どうなるかはまだ分かりかねるところです。

 

飲食店経営者、開業予定者の皆様、入管法は随時チェックをオススメします!

 

 

変化は、怖がるものではなく楽しむもの

 

みなさん、こんにちは。

本日のブログ担当の吉村です。

 

前回のブログでは3冊の本を取り上げましたが、その中で読んだものの1冊をご紹介したいと思います。

 

 

 

「チーズはどこへ消えた?」

この本はアメリカの医学博士・心理学者であるスペンサー・ジョンソン氏が著した童話、ビジネス書です。

題名と表紙を見たところ、絵本のようにも感じてしまいましたが、大企業の研修などでも用いられるとても有名なビジネス書とのことです。

 

内容を簡単にご説明します。

 

 

この話の中での登場人物は、2匹のネズミと2人の小人です。

彼らは毎日大好きなチーズを探し続けて生活をしていました。ある日大量のチーズを発見し、その場所で生活を始めます。ですがある日そのチーズが消えてしまいます。2匹のネズミは、すぐさま次のチーズを探しに行くのですが、2人の小人はその現実をすぐには受け入れようとせずその場泣き喚いていました。

 

小人はみるみる痩せ細っていくのですがなかなか現実を受け入れようとしません。それは、そこに過去には大きなチーズがあったこと。いつかチーズが戻ってくるのではという希望。あてもなく新しいチーズを探しに行くことへの恐怖感。これらが、彼らが現実から目を背けてしまう理由でした。

 

やがて、1人の小人は現実を受け入れることを始め、チーズが無くなったという変化、このままチーズがみつからないのではないかという恐怖感を振り切り、これまで以上のチーズを発見するという物語です。

 

 

私がこの本を読んで感じたことは、「変化は、怖がるものではなく楽しむもの」ということです。

 

社会人として働く上では、さまざまなあらゆる場面で変化が起こり、その都度対応を変えたりなど決して楽ではないことが多くあります。そんな中で、変化が起こるたびに思い悩むのではなく、変化を乗り越えた時の自分をより具体的にイメージすることで、それに向かっていくエネルギーに変えるということ。これらを意識しつつ、これからも1人の小人のように働いていこうと思います。

 

 

一年間

いつもABC店舗のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

営業部の新井です。

 

 

朝起きると寒く、外に出るとさらに寒いですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

社内でもマスクをつけている社員が見受けられます。

皆様も体調を崩されないよう、お気を付けくださいませ。

 

 

 

さて、時間の経過とは早いもので2018年も残すところ2週間となりました。

去年の社内忘年会で高尾山に登ったことが昨日の事の様に感じます。

 

 

個人的な意見ですが、経ってしまった1年は短く、これから先の1年が長く感じます。

去年の今頃は今の自分の姿を良くも悪くも想像ができませんでした。

 

現在も1年後の想像はできていませんが…。

昨年と同様、この先起きることで自分が変化できることを期待しています。

 

 

 

 

 

お気づきの方もいらっしゃるかとは思いますが、この12月に弊社ABC店舗のロゴを変更致しました。

 

この変化を皮切りに来年も皆様のお役に立てるよう、変化して参ります。

来年もよろしくお願い致します。

 

 

忘年会シーズン

皆様、こんにちは。
本日のブログは経営サポート部の倉嶋が担当致します。

今週から急に寒さが進み、冬の到来を体感すようになっており
風邪やインフルエンザも流行り始めているようですが、皆様は体調管理は大丈夫ですか?

 

 

さて、12月も中旬に差し掛かり、皆様も忘年会に多く参加されたり
店舗の方は、忘年会の対応でバタバタされている時期ではないでしょうか。

 

弊社でも12/11・12に例年通り社内の忘年会が行われました。

ただ、今年は例年と違う点がありました。

 

ABC店舗の忘年会は、例年、高尾山へ登り、その後に宴会を行うということになっていたのですが
今年は、初めてABC店舗が運営している三越前・graceで行うことになり、店舗の広さの関係もあり2日間に分けての実施となりました。
(※ぜひgraceの店舗Blogも観てください。↓)

 

崖っぷちレストラン

 

実は私も、今回初めてgraceへお邪魔して、店舗の雰囲気やスタッフの方々にお会いし
楽しい時間を過ごさせて頂きました。
赤字店舗の黒字化という目標を是非、達成してほしいな改めて感じました。

 

忘年会といえば、私も社内だけでなく、取引先や過去の職場仲間、学生時代の友達など、
普段あまり会う時間が取れない仲間とも会う機会が多く、楽しみにしています。

 

地元の仲間と毎年恒例で行っている忘年会はもう20年以上続けていて、
当時は学生だったのに、今では家族や子供を連れて集まるようになっており
この会はこれからも何十年と続けていきたいと思っています。

 

 

 
皆様も、飲み過ぎには注意しないといけませんが、
1年の疲れを、仲間と振り返りながら楽しく飲むことで忘れて
新しい年を、新たな気持ちと目標をもって迎えてはいかがでしょうか。

GW10連休

みなさまこんにちは。

本日は経理部部長の池田がブログを担当いたします。

 

 

先日、皇太子さまが即位される2019年5月1日と、即位を公に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる2019年10月22日を来年に限り祝日とする法律が可決、成立しました。

 

これをうけて遊び放題だと浮かれる人もいれば、子供の預け先に困る親御さん、混雑による繁忙を嘆くサービス業スタッフの方など反応は千差万別のようです。

 

 

 

日本では3月期決算の会社が多いためGWは決算に従事する方々には注目する内容です。

 

特に上場企業は決算速報の発表が期末から45日以内が適当とされているため、5/15付近の発表準備のためにGWの暦は死活問題だったりします。かくゆう私も前職では3月期決算の上場企業にいたので、長めのGWはうれしくもあり、不安もあり微妙な心境だったのが思い出されます。

 

ABC店舗では残業ゼロを推進し業務効率化を進めている最中ですが、仕事を消化しきれず休日出勤するハメにならないようにキッチリ働き方改革を進めて参ります。

 

 

 

ポップアップへの思い

皆様こんにちは。

本日のブログを担当させていただく営業部の野村です。

 

さて、今回テーマとさせていただく「ポップアップストア」。

実は私どもでも取り組んでいることをご存知でしょうか?

 

 

出店費用が抑えられることや期間限定という話題性を集められる点からも

ここ数年でこの出店形態も注目を集めています。

 

ポップアップストアは空き店舗や空きスペースにある日突然出店し、

ある一定期間が過ぎると消えてしまう「期間限定」の店舗です。

 

日や週単位でスペースを借り、一時的にお店を構えることができます。

 

 

 

ポップアップストアのメリットとして良く取り上げられるのが

1.低コストでの出店

2.SNSでの話題作り

3.お客様の反応を見ることができる

4.出店期間をイベントに合わせることで、売り上げアップが見込める

などなど。

 

 

私どもがお預かりしている店舗もこれらのメリットを提供しつつ、

何か別の形で役立たせることができないかとこの度スタートしました。

 

 

そしてもう一つ、ポップアップにかける思いがあります。

 

私どもの店舗をお借りいただくお客様の多くは新規開業者の皆様。

全てクリアにした出店ができる方は稀でお客様の数だけ不安があります。

 

 

その不安とは

独立はしたいけれど、自分の腕で成り立つのか?

実際にどのくらいの売上が見込めるのか?

店内配置を含めオペレーションで気をつけるポイントは何か?

など。

 

 

新規開業を志したお客様の不安を自社の仕組みを利用して

少しでも払拭し自信をもって出店してほしいというのが

私どもがスタートを切った目的の最たるものです。

 

 

ご出店を迷われている方、悩まれている方。

私どもの対象店舗を利用し挑戦してみませんか?

 

 

最短で1時間単位でのご利用も可能です。

お気軽にお問合せください。

https://www.abc-tenpo.com/contents/popup-store

 

 

PAGE TOP