株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

記事一覧

クラウドサービス

 

皆さま、こんにちは、情報システムの稲毛です。

 

今回は、弊社で利用している「クラウドサービス」について、ご紹介致します。

 

 

「クラウドサービス」とは、インターネット経由で、アプリケーション、データベース、ストレージをはじめとした、様々なITリソースを利用することができるサービスです。

 

「クラウドサービス」のメリットは、大きく3つです。

 

1.初期投資費用の軽減

ハードウェア導入に伴う多額の初期投資が不要となります。

 

2.データセンターの運用・保守が不要

ハードウエアやアプリケーションの監視やリソースの調達といった作業が不要になります。

 

3.最新のセキュリティ環境での安定稼働を実現

データリプリケーション等による冗長性と耐障害性を実現し、脆弱性を監視しています。

 

 

 

弊社はAmazon社のアマゾンウェブサービス(AWS)を利用しています。

 

会員様にご利用頂いている物件探しの「Webサイト」、弊社の「ホームページ」、社内業務管理している「基幹システム」にて、「クラウドサービス」を利用しています。

 

「本番環境」「検証環境」「開発環境」の各環境を、別々の仮想サーバで構築しています。

 

機能の追加や改善をする際は、「開発環境」にて実装・単体テストを行い、「検証環境」にて本番環境とほぼ同じ状態での動作検証を行い、「本番環境」へリリースする、といった使い方です。

 

 

これからも、お客様の安心と安全・利便性を向上するための取り組みを継続して実施してまいります。

 

 

 

飲食店の空席がリアルタイムで知れる!?

 

マーケティング課の大木です。

いつもABC店舗をご愛顧いただきありがとうございます。

 

先日、日経新聞の電子版を読んでいると、こんな見出しが。

 

「飲食店の空席をリアルタイムで確認 ヤフー」

 

内容は、「IoT」を使った新たなサービスとして実証実験をおこなうということらしく、まだ本格サービス化ではないそうです。

 

仕組みとしては、人が着席しているかを感知する「人感センサー」をテーブルの下に取り付け、その情報をヤフーのサーバに送信することでリアルタイムの空席情報がヤフーダイニングの専用サイトに表示される。

 

まだ試験段階なので、実際どのように活用されるのかは不明ですが、4年程飲食店に勤務していた私の経験から、現時点の情報をもとに飲食店側のメリット・デメリットを考えてみます。

 

■メリット
・週末などの混雑時に電話での空席問い合わせ対応の手間がなくなる
・同じく混雑時に空席情報をユーザーに伝えることで集客につながる
・人気店の場合、空席情報が出ればいつも諦めていたユーザーも腰を上げるかもしれない。

 

■デメリット
・空席情報を見たユーザーが複数組来店した際にはどうするのか
・空席表示が多くなると人気がない店だと思われてしまう
・混雑情報だけでユーザーに判断されるため来店数が減り、
 お待ちいただいて順次入店していただくようなオペレーションが崩れる可能性がある
・月額費用はどのくらいなのか。費用対効果が見えない。

 

といったところでしょうか。
おそらく店舗によって、向き不向きがあるかと思います。
大手の居酒屋などには向いているような気がしますが、
小さな飲食店(個人店)はどうでしょうか?
まずは実際にサービスを行った際の検証結果が知りたいですね。

 

我々ABC店舗も、

 

「Start up 10」
~日本の飲食店開業率を10%へ引き上げる~

 

というビジョンを掲げ、飲食店を独立開業される方を応援しております。

ぜひ、少しでも飲食店開業を考えている方がいらっしゃいましたら、

下記よりお気軽にご相談ください。

 

タピオカミルクティー

みなさんこんにちは。

本日のブログ担当、営業部の吉村です。

最近、巷で一大ブームを巻き起こしているものといえば

みなさん思い浮かぶものはございますでしょうか。

 

そうです「タピオカミルクティー」です。

 

昨年の日経MJ2018ヒット商品番付にもランクインするほど

人気の商品になりました。

 

最近では、タピオカドリンク屋を開業したいという

お客様からのお問い合わせが昨年の中頃から急増し

ご契約頂けるお客様も増加致しました。

 

そもそもタピオカというのはいつから人気になったのかというと

1990年代に台湾から日本に広まったそうです。

その後も台湾の人気店が日本に続々とオープンいたしました。

 

その後台湾の代表ブランドの「春水堂」や「THE ALLEY」、「Gong cha」など

店舗数が急増しています。

 

甘いものを我慢している女性が、甘いジュースの中に噛み応えのあるタピオカが入っており

罪悪感なく空腹を満たせるとのことで人気がでているようです。

 

人気店では行列が絶えず、お店で何かのイベントでもやっているのかと

勘違いしてしまうほど多くの方々が訪れています。

 

そこで今回、店舗専門の不動産屋として試しにタピオカミルクティーを

頂いてみました!

 

 

 

 

私が頂いたのはローソンで発売されておりましたタピオカミルクティーを頂きました。

普段は甘いものはあまり食べない私ですが、とても美味しかったです。

味は、甘すぎず飲みやすく、タピオカの量も適度でとても飲みごたえがありました。

普通のジュースと違い、タピオカの食感と噛み応えにより

確かに、空腹が紛れたような気がしました。

まだ飲んだことない男性の方々にもとてもおススメです!

 

今後は弊社の物件でも、より一層のブームが起こるよう

同様の店舗を検討していただける方々へのご紹介を

頑張りますのでよろしくお願いいたします!

 

プラスチック製ストロー

 

いつもABC店舗をご愛顧いただきましてありがとうございます。

事務課の吉川です。

 

先日、大手ファミレスチェーン店「ガスト」に行ったところ、ドリンクバーに常備している使い捨てプラスチック製ストローが無くなっていました。

 

昨年夏、アメリカの大手コーヒーチェーン店スターバックスが2020年までに全世界でプラスチック製ストローを廃止すると発表して以来、日本国内でもストローの素材や取扱いを見直す動きが加速していることは皆様ご存知のことでしょう。

 

 

 

その世界的な流れに乗じてガストもプラスチック製ストローを撤去されたようです。

 

と言っても完全撤去ではなく、お客様からの要望があれば、環境にやさしい代替のバイオマスストローの提供も行っているとのこと。バイオマスストローとは、トウモロコシなどのでんぷんを原料とする植物由来の樹脂で作られており、土壌で1~2年で水と二酸化炭素に自然分解されるのです。

 

私はまだ実際に使用したことは無いですが、飲みやすさなどは今までのストローと比べるとほとんど変わらず、少しザラザラしているだけのようです。

 

 

 

他にも紙ストローや、ステンレス製ストローなどを導入しているお店も徐々に増えてきております。

 

世界的に地球環境について考えるのはとても良いことですね。

 

ストローを利用するドリンクを出される飲食店経営者、開業予定者の皆様、このプラスチック製ストロー問題は今後目が離せません。

腐らずに継続する

経営サポート部の山﨑です。

 

昨日、打合せで当社設立時から物件の管理を委託いただいている大家さんの自宅を訪問しました。

「○○君が小さいころ、私が「バイバイ」と手を振ったら、○○君に「さようなら」と返されて」などと昔話をしているうちに、

あの時さようならといった子供は今や小学6年生になったが、

バイバイといった自分は年を無為に年を重ねただけで、なんと成長のない人間かと、暗澹たる気持ちになりました。

 

 

こんな時に私が思い出すようにしているのは、腐らずに継続することの大切さの分かる次の話です。

 

 

 

太平洋戦争が終わって間もないころの、東京のとあるミッションスクール・・・

授業料無料の特待生となるべく(特待生になれないと学費が払えず退学)、

学年首席を通していた学生がいました。

しかし、成績は学年で1番でも、弊衣破帽で人付き合いも悪い学生はアメリカへの留学生にふさわしくないと、

成績以外の要素で、渇望していたアメリカへの給費留学生の選に漏れてしまったそうです。

 

 

その後は、女子高の英語講師をしながら、内心は苦悶しながらも腐らず勉強をしていると、

ドイツ人の学科主任に別の用事で会った際、「君、このドイツ語を英語に訳せる?」と不意に聞かれ、

ちょうどその前日に英語の本をドイツ語訳で読んで勉強していた中に、ドイツ語の indem という訳しにくい言葉があったそうで、

全く偶然、その indem がでてきたというのです。

 

前日の勉強のおかげで問題なく訳せたところ、

「君、ドイツ語できるね」ということでドイツに留学が決まって、その後アメリカには教授として赴任できたというのです。

アメリカに留学できなかったあとも、腐らずに勉強し続けていたことを、見ている人は見ていたのです。

 

 

この話は、私が折に触れて思い出す話です。私の拙い文章を読まれる方に、何かお役に立てば幸いです。

 

 

山﨑

最高のトス

皆様、こんにちは。

本日のブログは経営サポート部の倉嶋が担当致します。

 

新年を迎え2週間が経ちましたが、

皆さんは正月気分から仕事モードへの切り替えは済みましたでしょうか。

 

先週末の3連休、テレビ「春の高校バレー」を観て、

久しぶりに高校スポーツに触れ、学生時代を思い出しました。

 

 

実は、私は中学以来、25年ほどバレーボールを続けてきました。

ここ数年は体の重みに膝が耐えられなくなってきたので離れておりますが、久しぶりにやりたくなりました。

 

バレーボールは、一人で連続してボールは触れないのでスーパースター1人では勝ち抜けないスポーツです。

 

素晴らしいアタッカーがスパイクを決めるにも、誰かのトスが必要ですし、とびぬけて上手なセッターがいても、誰かがレシーブしてくれなくてはトスは上げられません。

そういう意味では、チームスポーツの中でも特に他者との連携が重要なスポーツです。私も現役のときは、如何に次の人にいいパスを出せるかを常に意識していました。

 

こう考えるとバレーボールの意識は仕事にも当てはまることが多いなと思います。

 

会社で仕事をするには、如何に他部署にやりやすい状態で仕事を引き継ぐか、テナント様や貸主様といかにいい連携をしていけるか。

 

いいパスを出せる人は、社内でも、取引先様からも信用され、いい仕事ができると思います。

 

 

 

仕事ではなかなか、スポーツのように爽やかな汗と言う訳にはいきませんが

バレーバールをやっていた時のよう、仕事でも最高のトスを上げられるよう意識して取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

やりぬく力 GRIT

あけましておめでとうございます!

本日のブログを担当させていただく営業部の野村です。

 

本年は昨年以上に皆様のお役に立てるよう一同最大限の努力をする所存ですので、

変わらずのお引き立てのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

私事ではございますが、

新年を迎えてから仕事始めまでの間に本を1冊読むことを続けています。

 

そのために流行りの新書を購入するのではなく、

自宅の本棚の中で最初に目についたものを読み返しています。

 

今回手にしたのは昨年購入した『やりぬく力 GRIT』。

 

 

 

読み返してみて印象に残っている内容を簡単ではございますがご紹介いたします。

 

 

 

『やり抜く力とは「情熱」と「粘り強さ」によって生まれる。』

 

『目標をピラミッド構造で設定する』のふたつ。

 

 

 

「情熱」と「粘り強さ」は読んで字のごとくですが、

仕事でも何でもひとつのことを持続することが難しい。

 

これを実現するために問われるのが「目標」となります。

 

この目標にはいくつかの階層があり、

ひとつひとつの目標はその上位にある目標を達成するための手段が、

さらにその上位にはビジョンとも言うべき抽象的かつ最終的な目標が

あるからこそ長年にわたって努力を持続できるとありました。

 

 

私自身も「やり切れていないなぁ…」と感じているときには

漠然と最上位の目標だけが設定されていたり、

その下の中間目標が明確に設定できていない状態や、

中間の目標ばかりが乱立し、最上位目標が明確に存在してない状態、

となっていることが多いことに気付きます。

 

そのような場合は往々にして全体を見たときに

目標がピラミッド構造になっていないのです。

 

 

私どもで掲げているValueのひとつでもあるこのGRIT。

 

 

やり抜くという言葉自体は難しいものではありませんが、

違和感を覚えたときにこの目標のピラミッドを意識し

早期の修正を試みてみようと思います。

 

 

 

新年に寄せて

謹賀新年

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

本年も社員一同、皆様にご満足いただけるサービスを心がける所存でございますので、

 

何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

本年1月1日は平成最後の元旦となりました。

 

1月2日に行われた現天皇皇后両陛下がお出ましになられた新年一般参賀も本年で最後。

 

幸運にも皇后様と同じ「美智子」という名前をいただき、漢字はどう書きますか?と問われた際に皇后様とご一緒というのは分不相応と思い、美しいに、知という字の下に日と書く智に、子供の子です。と答えると結局は「美智子皇后様とご一緒ですね」と言われることが多く、勝手に誇らしい気持ちになっていたものです。

 

 

小林正観さんの言葉より、昭和天皇に関するお話をひとつ。

 

 

* * * * *

 

昭和20年8月30日、ダグラス・マッカーサー元帥が日本に降り立ちました。終戦後、GHQの最高司令官として日本の占領政策を進めるために来たのです。

 

約1ヵ月後の9月27日に昭和天皇が会いにくるということになった。マッカーサーは、どうせ命乞いに来るのだろうと思って、自分の部屋でコーンパイプをくゆらせて足を組んで待っていた。迎えには出なかったそうです。

 

昭和天皇は燕尾服(えんびふく)を着てやってきて、「マッカーサー元帥、お願いがあります。ここに皇室の財産目録があります。私の命とこの財産目録を差し出しますから、日本国民のためにアメリカから食料を送っていただきたい」と言ったそうです。

 

マッカーサーは驚いた。

今までいろんな人に会ってきたけれど、命乞いするとか亡命をするという人ばかりであって、自分の命を差し出すというトップの人には一人も会ったことがなかった、それで大変驚いたのだそうで、話をしているうちに、この人はポーズで言っているのではなくて、本当に心からそういうふうに言っているのだと思ったそうです。

命も本当に差し出し、財産目録も本当に差し出している。その財産目録を見たら、細かいものまで全部載っている。

 

昭和天皇が本当に誠心誠意対応したということがわかり、マッカーサーは本国に連絡して、子供用の食べ物、特にチョコレートやチューインガムを大量に送らせました。そして、届いた食べものを米兵を使ってどんどん配り始めた。

 

あのチョコレートとチューインガムを配っていたのは米兵の厚意であるけれど、実はその根っこには昭和天皇の一言があったのです。マッカーサーは、その人格に打たれて、昭和天皇が帰るときには玄関まで見送ったそうです。そして、昭和天皇の車が出て行くときに、敬礼をしたという話が残っています。人間には、そんなことが可能だということです。

 

1月1日、天皇陛下は東西南北四方に向かい、正座をして、お祈りするそうです。
「今年この国に災いがあるとしたら、まず私の体を通してからにしてください」。
これを四方拝(しほうはい)といいます。

 

天皇家は、それを毎年繰り返しながら、100代以上にわたって生きてきた家系だそうです。
天皇家というのは、そういうことを言い続けてきた家系である。
そして災いを一身に浴びて、背負いきれなくって亡くなると、それを皇太子殿下が受け継いで、また災いを一身に浴びて死んでいくという、そういう家系だったということです。

人間の魂はここまで崇高なところに行くことができるとういことです。

 

* * * * *

 

 

今年一年、ご縁をいただいた皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈りいたします。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

福田美智子

 

 

 

年末を感じる業務

皆さまこんにちは。

本日は経理部 経理課が担当致します。

 

 

昨年の今頃はインフルエンザにかかり、今年は早々に予防接種を打ったにもかかわらず現在は2週間以上風邪をこじらせております…

 

インフルエンザや風邪にはくれぐれもご注意ください。

 

 

さて、経理課では毎年12月になると年末調整の書類回収や支払調書作成の為の準備をしております。

 

支払調書作成では平成28年から個人番号の記載が税務署提出に義務付けられました。

 

物件の所有者様が個人の方の場合、個人番号のご提出を営業部を通してお願いしております。この回収業務が円滑に行われないと、年末に一気に追込みをかけることになります。

 

毎年この業務で私は年末を感じるのですが、

来年からは業務改善をしようと考えております。

 

 

 

 

 

弊社の営業も今年あと2日になりました。

 

経理課は直接お客様とお話しする機会がございませんが、お取引のあった全ての方に御礼申し上げます。

 

来年もご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

メリークリスマス

みなさまこんにちは。

いつもABC店舗をご愛顧いただきありがとうございます。

本日は経理部会計課が担当いたします。

 

 

さて、本日はクリスマスですね。

今年は3連休だったため、いつにも増して賑わっていたのではないでしょうか。

 

日本記念日協会によると、クリスマスの経済効果は約7,000億円とも言われており、近年盛り上がりを見せているハロウィンの経済効果が約1,240億円なのを考えると、クリスマスがもたらす経済効果の大きさがよく分かります。

 

ツリーやイルミネーションなどの装飾や、プレゼント、パーティー料理やケーキなどのごちそう、クリスマスにちなんだイベントなど、様々なことが消費に結びついています。

 

 

 

 

 

そんな中気になるのが、今まで祝日だった12月23日がどうなるのかです。

ニュースの記事によると、

 

「政府は、「天皇誕生日」として現在祝日となっている12月23日について、皇太子さまが即位される平成31(2019)年5月1日以降の天皇誕生日は2月23日となることから、即位後は当面祝日とはせず平日にする検討に入った。」

とあります。

 

 

平成元年生まれの私にとって12月23日は祝日であることが当たり前だったので、来年は平日になるのか…と少し残念であるとともに、年末のバタバタした時期に平日が増えてありがたいと思うのか…複雑ではありますが、皆様はどう感じますでしょうか。

 

また、クリスマス商戦にどのような影響が出るのかも気になるところですね。

 

 

 

今年も残りわずか。

風邪やインフルエンザも流行り始めているようですが、皆様も体調を崩されないよう、お気を付けくださいませ。

 

 

PAGE TOP