株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

社長インタビュー 3ページ

根性だけで一生懸命にすり減りながら稼ぐ時代ではありません。
順調に業績が伸びている2つのポイント

なぜ、うちがここまでの高成長・高収益を出すことができているのか。そこには2つのポイントがあります。
そのひとつが「根性じゃない」ということ。ビジネスに必要なのは「根性より理論」というのが私の経営方針の根底にあります。
そしてその理論を自分たちに合わせてカスタマイズして運用していくこと。ここがいちばん重要なのですが、当社が行っているのは徹底した数値化です。
何においても人間は自分の経験に頼りがちです。でも、その個人ができる経験というのはとても限られています。
まずは目の前の現状をきちんと数値化し分析してうまくいっているのか(い)ないのかを理論に当てはめながら考えて、そこに自分の経験値をかみ合わせることによって、成功確率を上げていく。そこがとても重要だと思います。もちろん根性がまったくないというのでは困りますけれど。

データベースを駆使して数値化して業務に活用する。そこは徹底していると思います。
それだからこそ、経験のない新人でも最前線で活躍ができます。そして2つめのポイントが…

「人事の制度」です。具体的にいうと「評価制度」と「研修制度」に分かれます。評価においては仕事の実績はもちろんですが、身だしなみや勤怠なども含めて、数値に置き換えることで透明性のある公平なキャリアプランを構築しています。ABC店舗では有給消化率も評価の対象です。

営業部門は会社の花形ではありますが、それを支えている他部門もあっての高成長。 評価制度は、バックオフィスで働く私も納得性が高いと感じています。

研修に関しては基礎スキルの習得を掲げ、宅建講習、ビジネススクールへの派遣、さらには社内でビジネススクールの開催と多岐に渡ります。会社の成長には、社員個々の成長が不可欠ですから、会社としても、そこは惜しみません。
研修は私も参加しています。社員の前でダメ出しをされてかっこ悪い思いをすることも多々ですが、率先しないと説得力ありませんからね。

成長という面では、新人でも最前線に投入して実践で成長させるのがABC店舗のスタイルですけど、
社長は心配ではないのですか。

うちはベンチャーの典型のような会社。新人も配属後はいきなり最前線からのスタートです。人が足りないというのも理由の1つだけど、前線に出て行かず待機ばかりしていると、結局出て行かない癖がついてしまうものです。

自分の成長を望む人には、環境の整っている会社。でも単に放り出すわけではないので、その点はご安心を。→次のページへ

PAGE TOP