株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

社員を知ろう|スタッフインタビュー|営業部長 野村太一さん

店舗は業界としてもすごく面白みのある分野

事業用不動産の仲介に興味があって、新卒で不動産業界に飛び込みました。以前の会社では、住宅の仲介も経験しましたが、ともすると書類のやりとりだけで済んでしまう営業はしっくり来ない部分がありました。同じ営業でも、自分はお客さんのニーズを考え、お客さんとしっかり繋がりながらやれる事業用の不動産を扱いたい…。そんな思いを募らせていたところ、ABC店舗の存在を知りました。事業は事業でも、店舗。それだけでもすごくニッチなのに、さらに居抜き店舗に特化している。オフィス事業に対して、店舗は手間がかかるので大手の不動産業者は介入を躊躇する分野なのですが、手間をかけながらお客さんの夢の実現の一端を担うABC店舗、自分にもってこいのフィールドだと思いました。

長い社会人経験の先に待っていた、原点回帰

中途採用で再び1からのスタートでしたが、入社してすぐに思い起こしたことがありました。それは新卒で初めて契約にこぎつけたお客さんが飲食店の経営者だったということでした。銀座の裏通りに空きが出て、飲食で契約していただいたんです。20年近くも前の話で、当時は銀座と言っても裏通りはまだ寂しい感じで、そこに飲食店ができたことで灯がともり、人の流れが生まれた。それによってその裏通りに次々と飲食店ができて人が増え、さらに賑わっていったのです。近隣の方々からも「あそこに飲食店を入れてくれて、ありがとう」と言われたときは涙が出そうでした。嬉しくて、嬉しくて、契約のその先こそが不動産営業の醍醐味なのだと感じたことを覚えています。

街の活気に飲食店は必要不可欠。そして活気はさらなる活気を呼ぶ

ABC店舗が行っていることは、まさにあの時に自分が体験したお客さん(飲食店経営者)の夢を実現させて、街を活性化させていくこと。活気は派生していきますから、社会貢献というと大げさかもしれませんが、自分たちができる仕事で、かつ自分たちが得意としている分野で、自分が興味を持ちながら人の役に立っていけるのはたまりません。大変なこともありますが、非常にやりがいと面白みを感じられる仕事だと思います。20年近く不動産の営業畑を歩いてきましたが、100%お客様のニーズに応えられる物件には1件も出会ったことがありません。ただ、だからこそ営業マンの存在価値があり、お客様のニーズに優先度をつけ、整理をし、提案して修正して、提案して修正して、お客さんとベクトルをあわせていけば、契約は当たり前のようにやってきます。
一生懸命やれば認めてもらえて契約につながり、お金が発生して会社がうるおう。これは私の経験から断言できます。営業のトップとしてはそのためのフォローを積極的にやっていきたいと思っています。

仲良しこよしとは一線を画す、総勢50名の協力隊

入社して6年、社員の数が増えても派閥みたいなものはないし、いい会社だと思います。変な壁を作らずに、各部署が協力しあいながらやっている。まわりがそれぞれに協力的で、根本的なところを理解しあってまわっている感があります。しかも残業をよしとしない社風に変わってきていて、オンとオフのメリハリをつけて仕事ができるようになってきました。ただ際限なく仕事に時間を使えてしまうのが営業職。業務にかかる時間を短縮できるようにしてあげることも上司のつとめかなと思っています。有給もとるのが義務みたいになっている会社です(笑)。

Career Pass

2011年2月オフィス仲介会社からABC店舗へ中途入社。営業部配属。新卒と同様に1からのスタート。
8月経験を活かした結果、係長に昇進。
2012年課長昇進。社内表彰を受ける。
2014年部長昇進。現在は営業2部の部長を務める。

オフの日の過ごし方

子供は9歳と4歳で、平日は帰宅すると寝ちゃっていることも多いので、週末は家族サービスで過ごしています。妻も働いているので家事も掃除と洗濯くらいはやるようにして、あとは買い物に行ったり、公園に行ったり。そんなときでも貸し店舗の看板を見つけると、思わず写真を撮ってしまったり(笑)。ひとり時間は、読書にあてることが多いですね。歴史小説が好きです。あとは頻繁には行けませんが、サーフィン。もともと千葉の外房、鴨川の出身で、ずっと続けている趣味です。

PAGE TOP