株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
飲食店専門の不動産会社です

ブログ

記事一覧

立教大学経営学部ゼミ研究

代表の土井でございます。

大学院でお世話になったゼミの先生より、学部生のゼミで「中小企業コンサルタント」に協力するようにとの声かけをいただき、二つ返事で承諾しました。

 

3か月間、

チーム5名から多くのヒアリングを受け、

 

 

本日、最終報告がありました。

 

正直なところ、

仕事における泥臭さい経験の無い皆さんからの提案に大きな期待は持てないだろうと、

プレゼンが終了した際のコメントで、どのようなリップサービスをしようか考えていたぐらいでしたが…

 

予想に反して、

 

当社のサービスを細かく分解し、

整理し、

本当に刺さるプレゼンをしていただきました(かなり驚きでした)

 

PPTの題名にも「本当に最後のプレゼン」と書き込まれていたことからも、

多くの時間を割き、

議論し、

混迷を極めた先にまとまってきた、

血のにじむようなプレゼン内容でございました。

 

今回のプレゼンから、

ふたつ、心をえぐられる内容がありましたので

具体的に実現可能性を議論し、取り組んでまいりたいと思います。

 

 

本当にありがとうございました!

☆産休☆

産休にはいられる落合さんに会社よりささやかですがお花を贈りました!

 

妊娠をしながらのお仕事は経験のない者には分からない大変さだと思います。

 

変わらずにバリバリ仕事をされていた落合さんには「さすが」の一言です。

 

お腹のなかの赤ちゃんもお疲れさまでした!

 

元気なお子様が産まれますように☆

 

写真は事務のメンバーと。

 

暖かく送り出せる環境と、理解のある社員が多いことに感謝です。

経営課題

先日、立教大学経営学部のあるゼミナールの学生さんが5名来社されました。

 

ゼミナールの研修授業の一環で、弊社を題材に「経営課題に対する改善策を考える」という内容でレポートするために、現場の声をヒアリングすることを目的としています。

 

ご来社いただいたのは3年生3名、2年生2名、今採用活動で接触している学生さんの次の世代(21卒)となります。2年生のお二人に至っては、先月まで1年生だった訳で、表情からもフレッシュさがみなぎっています。

 

18:30から学生さんの質問に答える形でスタートしましたが、予備情報をもとに疑問点を整理してきた学生さんの質問があまりに的確で、対応した部長3名もタジタジでした。包み隠さずありのままにお答えするようにとの指示のもと、「・・・というのが理想なんですが、現実はまだできていません。」とか、「・・・となっていないといけないんですが、そこまで徹底しきれていません。」といった回答に終始しながら、あっという間に時は過ぎ、ひとしきりご用意いただいた質問に答え切った時には21:00を回っていました。

 

フレッシュな頭で、弊社の経営課題をヒアリングすることで、斬新な改善策が生まれたら、弊社にとっても大変有意義なことで、遠慮することなく忌憚のないご意見をいただきたいと思います。

 

弊社のビジネススキームにご興味を持っていただき、就活でご来社いただく機会が生まれますことを、総務部長としては願っております。

 

社員総会

 

4月17日社員総会を開催いたしました。

年に1回ないし2回開催している、総務部最大のイベントのため、無事終えられて一安心。

 

ここに行きつくまでの準備段階での紆余曲折は、語りつくせるものではないので今回は割愛させていただき、イベントの内容をご紹介させていただきます。

社員総会とは、全社員が参加し、前期の振り返りと今期の方針を共有するための場です。

伴って前期活躍した社員の表彰をメインに位置づけています。

それにふさわしい会場として、今回初めて採用したのが、「日本生命浜松町クレアタワー」内にある「浜松町コンベンションホール」この大ホール1室を借り、13:00全員集合。

 

「第18期 株式会社ABC店舗 社員総会を開会いたします。」の宣言で総会スタート。

 

最初にMVP表彰の投票が行われました。これは今回初めて採用された方法ですが、事前に部長全員から、MVP候補者となる部下の推薦を受付け、役員会で審議した結果で候補者が承認され、その候補者が全社員に向けスライドを使って自己PRを実施、その内容で社員が投票します。

 

投票は、役職によって持ち点が異なり、その持ち点を自由に配分しますが、今回の候補者は2人に絞られたため、さながら決選投票となりました。

 

Webのアクセス数や会員登録数を地道に向上させてきた、マーケティング部の大木と、前期飛躍的に契約件数を伸ばした、営業部の永井、この二人の候補者の持ち味あふれる自己PRと推薦した上司のコメントを聞き、全員が投票。一般社員はそのまま休憩を経て第2部に進みますが、裏方にとっては集計作業の始まりです。

 

第2部は役員による発表で、管理本部長の宮本から前期の実績の説明が、営業本部長の井部から今期の営業方針が発表されました。そして最後は代表の土井から、会社の目指すべき道筋と課題について、動画を織り交ぜた共有がなされ、弊社の使命と生存領域を全社員が再認識して終了。

 

続いて第3部は各部門からの発表、9部14部門の発表を順次行いますが、プレゼンテーターには各部若手を起用するよう要請していたため、拙いながらも一生懸命さが伝わる発表で、若手の成長を感じることのできる場でもありました。

入社間もない新入社員の5名も、次回の総会でプレゼンテーターを務めることになります。大きく成長してくれることを願うばかりです。

 

最後に、投票結果の発表と表彰です。

集計した結果、僅差でマーケティング部の大木がMVPに、営業部の永井が準MVPとなりました。二人には表彰状とトロフィーに加え、副賞が送られます。

副賞は、MVPが500,000円相当、準MVPが300,000円相当の旅行・宿泊体験。

往復の旅費、高級ホテルの宿泊費、食事代等を会社が負担し、一流を体験してもらえるように、特別休暇も併せて付与いたします。一流のくつろぎを楽しんできてください。

 

社員総会を終えて別会場に移動、竹芝桟橋にほど近い「銀座アスター」で新入社員歓迎会を兼ねた懇親会が、17:30からスタート。代表土井の「乾杯」の発声で宴席が始まりました。

立食パーティーのため、各自が自由に席を移りコミュニケーションをとることができる為、日頃接触することの少ない他部署のスタッフとの新たなコミュニティを見ることができる楽しい時間でした。

途中新入社員の自己紹介のほか、懇親会を担当してくれた前田・吉村両名による余興もあり、盛り上がりの中、営業本部長井部の挨拶の後、五本締めで散会となりました。

 

裏方にとっては長い一日となりましたが、これを機に全社一丸となり、同じ方向を向いて業務にあたることで、実績の後押しとなることを願ってやみません。

 

さあ、今日からまた、気分を改めて頑張りましょう。

働くママを応援します!

皆さまこんにちは!

産休、育休を取得していた四竈が本日より復帰いたしました☆

約1年のお休みとはいえ、我々のようなベンチャー企業では新しい取り組みが多く、

本人も「浦島太郎状態だ~」と言っていました笑

いち早く現代に戻ってこれるようサポートして参ります!

写真は入れ替わりで今月末から産休にはいる落合と。

元気な赤ちゃんが生まれるよう社員一同願っています。

おかえりなさい、そして、いってらっしゃ~い。

ABC店舗は働くママさんを応援します☆

☆2019年度入社式☆

4月1日に今年度も5名の新入社員が入社いたしました!

 

入社式ではそれぞれに”決意表明“を発表してもらいました。

 

出社時の緊張した表情を見たときには「大丈夫かしら」と心配をしましたが、本番に強い5名、いざ発表の順番が回ってくると一歩前に進み、堂々とした発表でした!

 

当社の新入社員研修では社会人としての心構えやビジネスマナー等の研修から、各部署を回ってのOJT研修まで様々な研修を用意しています。

 

先輩社員とコミュニケーションを取りながら配属までたくさんのことを学んで頂きます。

 

学んだことはどんどん実行して成長していってほしいですね。

 

実は私も今日、とても小さなことですが新たに1つ習得できたことがあるのですが、学び→実行、これが成功すると嬉しい気持ちになることを身をもって体験しました。

 

新入社員5名を見ていると「学び→実行=習得」体験が1日にいくつもあってとても羨ましいです。

 

当社ではよく「失敗してもいいよ」ということを上司に言われます。

 

何故なら挑戦には失敗がつきものだからです。

 

飲食店舗を開業されるお客様の「挑戦」、目標達成に向けて新しいことへ取り組む社員の「挑戦」、固定概念にとらわれず業界の常識を壊しながら成長を続ける会社の「挑戦」、当社では「挑戦」を実感することがたくさんあります。

 

挑戦をすることが当たり前の環境なのです。

 

挑戦へのクセ付けと成功確率を上昇させることができるよう、新入社員5名をサポートしていきたいと思います!!

~人形町『C』~ ABCプロデュース第3弾

 

皆さま、こんにちは。

本日のブログは営業部の野村が担当させていただきます。

最後までお付き合い、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

いきなりですが、飲食店出店希望者に高い人気を誇る人形町。

 

そんな魅力的な人形町エリア、しかも駅徒歩2分という好立地で、当社が企画する新築店舗のテナント募集をスタートします。

 

一昔前までは人情味あふれる下町というイメージが強いこの街ですが、

ここ数年で若い世帯が居住するオシャレなマンションや

有名企業が入居する大型のオフィスビルなどの開発も活発で

昼夜を問わずアクティブに活動する人口が増加しているそうです。

 

 

人形町(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

 

 

加えて、大安・戌の日には行列となる安産祈願で有名な水天宮、

(私も第1子のお宮参りではご祈祷までに2時間半並びました)

若い世代からご年配の方まで様々な層が訪れる明治座などの

最寄り駅としても利用されるため365日の営業が可能。

 

 

今半本店や玉ひではもちろん、メディアの取材はお断りの老舗有名店、

ファストフード店、今話題の洋食店、人気のラーメン店、

食材にこだわる小料理屋、大衆向けの低価格をウリにした居酒屋・・・

ターゲット顧客も価格帯も様々な人気飲食店舗が軒を並べます。

 

出店なさる方々のコンセプトに併せた集客が可能なエリアである反面、

競合店が多いため商品・サービス共に実力が試される立地なのかもしれません。

 

 

 

ただこの物件、駅から歩いてみるとお分かりいただけますが、

ヒトの流れや周辺の様々な業態の繁盛店が

現地到着までに成功のイメージを膨らませてくれるからなのか、

なぜかワクワクさせてくれるんです!

 

 

人気の人形町でこの規模の飲食店用の新築をお借りできるチャンスは、

今を逃してしまうと次はいつになるのかわかりません。

ご興味を持って下さった方は下記担当宛にいつでもお問合せください。

 

 

 

■物件概要

物件名:(仮称)人形町『C』

所在地:中央区日本橋人形町2丁目

階数・面積:  1階・約10坪

2~3階・約20坪(ダムウェーター設置・屋上利用可)

賃料その他諸条件についてはお問合せください!

独立規開業者様でも借りやすい条件でご紹介いたします。

担当:野村

携帯:080-1379-0042

 

スターバックス リザーブ ロースタリー

 

いつもABC店舗をご愛顧いただき、ありがとうございます。

営業二部の前田です。

 

先月28日中目黒にスターバックス・リザーブ・ロースタリーがオープンしました。

日本初、世界で5軒しかない特別なスターバックスとして、もうすでに足を運んだ方もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

世界で5店舗しかないだけあって、世界中から卓越したコーヒーを仕入れ、焙煎し、抽出してどのように作り上げているのかを直感的に体感してもらうことを目指しているとのことで、多くの拘りがあると聞いております。

 

なぜコーヒーショップが体感という言葉を使っているのか疑問に思い調べてみたところ、スターバックスの理念に行きつきました。(以下スターバックスの理念になります。)

 

スターバックスの理念

 

OUR MISSION

人々の心を豊かで活力あるものにするために──ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから

 

 

OUR VALUES

・私たちは、パートナー、コーヒー、お客様を中心とし、Valuesを日々体現します。

・お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられるような文化をつくります。

・勇気をもって行動し、現状に満足せず、新しい方法を追い求めます。スターバックスと私たちの成長のために。

・誠実に向き合い、威厳と尊敬をもって心を通わせる、その瞬間を大切にします。

・一人ひとりが全力を尽くし、最後まで結果に責任を持ちます。

・私たちは、人間らしさを大切にしながら、成長し続けます。

 

 

コーヒーでなく、valuesを提供する理念に沿った店舗という意味で、まさにスターバックス・リザーブ・ロースタリーは、理念を体現していると思います。コーヒーの味だけでなく、それを取り巻く環境やサービスを常に考えているからこそ、このような店舗ができあがるのだと感心してしまいました。

 

私たちもお客様にご提供しているサービスが、理念に沿っているのかを考えて仕事に取り組んで参りたいです。

 

 

 

 

 

省リソース化

皆さま、こんにちは、情報システムの稲毛です。

今回は「省リソース化」について、お話しさせて頂きます。

 

 

 

 

最近、世界各国の小売り店・ファストフード店をはじめとする莫大なリソースを抱えた企業・団体などで、多角化するコストの削減を実現するために、キャッシュレスやレジレスといった「省リソース化」の流れが急速に進んでいます。

 

組織が大きくなれば大きくなるほど専門部門を創設せざるを得なくなり、効率化のためそこからさらに業務の細分化を行い専任がなされていきます。

 

すると、細分化された業務の中で、常に反復継続的に同じ作業を進めていく分野が登場してきます。一定の行動を一定の頻度で行う分野は、形骸化しやすく、いつしか”なあなあ”な作業に陥ることも少なくありません。

 

その日の気分、健康状態、経済状況などなど個人に与えられる要素は数えきれず、果ては大小様々な選択にも迫られることになり、人が介在する限り一定の状態を保ち、再現性を持たせることは不可能と言っても過言ではないでしょう。

 

しかし、逆を言うなれば、コンディションが変動せず一定を保つことさえできれば、一定の成果が約束され、効果の見返りがわかる分野とも言い換えることができます。

 

 

 

 

それに対して現代の出した解が、無人化です。

 

現代社会で日常生活を送るには、「物を手にするために対価を払う」という経済活動が基礎として組上げられており、相互利害関係という図式から切り離すことのできない立ち位置にあります。そのため、渡す、受ける、返す、といった授受由来の分野が必然的に実施回数が増え、リソースを割くほかに目的を遂げるための手段がありませんでした。

 

そこに対して、代替リソースともいえる人工知能による文明的発達をあてがう、ということです。

 

 

目に見える変化として、小売りのキャッシュレスやレジレスといった少額取引時の無人化があげられます。

 

アメリカ発「Amazon Go」がニュースになったことも記憶に新しいですし、中国ではすでに大規模な市場が形成されています。

日本でいえば、JR東日本スタートアップ株式会社からセルフ兼モバイルオーダーシステムとキャッシュレスシステムを搭載した「O:der Kiosk」が2019年の夏ごろから首都圏の駅中店舗で導入される予定、とつい先日発表されたばかりです。

徐々に生活へと広がりを見せつつありますね。

 

 

同時に、ヒューマンリソースの在り様に対しての新しい問いかけが生まれつつあります。

 

ちょうど、というにはやや皮肉が混じって聞こえますが、SNS動画騒動やコンビニ24時間営業に対する提起など、人的資源の内容について考えさせられる情報が相次いで出てきました。

 

こういった分野に代替リソースが組み込みまれ、無人で処理の出来得る作業が増え、個々人に対してより高い水準でのリテラシーが求められていくことになるでしょう。

 

 

 

 

弊社でも、皆様によりよりサービス提供をするため作業レス化を目指し、生産性の向上を行いご期待に沿えることのできるよう誠心誠意邁進してまいります。

 

今後とも引続き、よろしくお願いいたします。

 

 

出会いを大切にしなきゃ。

 

いつもABC店舗をご愛顧いただきありがとうございます。
マーケティング部の大木です。

昨日、3月11日に株式会社LIGさんとの共同事業「創業支援プロジェクト」によるはじめての取り組みとして「GOOD TABLE」という店舗を中目黒にオープンいたしました。
飲食店の独立開業を目指す皆さまを支援する、飲食業界を活性化するというプロジェクトとして、LIG×ABC店舗の企業同士で手を組んだ取り組みとなります。
詳しい取り組みについては以下をご覧ください。

 

▼飲食業の創業支援プロジェクト第一弾 大衆食堂「GOOD TABLE 中目黒店」を3月11日にオープンいたします
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000014783.html

 

LIGさんとの出会いは、私の部署がWebサイトの内部構造の修正をお願いしたことがはじまりで、一年と少し前になります。
業界で知らないい人はいないという超有名な制作会社さんですが、思い切ってお願いしてみたところ制作を請け負っていただきました。
しかもはじめにヒアリングに来ていただいた方が、CTOのづやさんでした。
LIGさんを立ち上げた方ですので当然優秀な方でしたので、すぐに仕事をお願いし、それが完了する前に次々と案件をお願いしていきました。
そして1年もしないうちに、Webだけでなく共同プロジェクトを行う関係になりました。

 

 

 


「出会いを大切にしなきゃ。」

 

 

 

そもそも、私がABC店舗に入ったのも運命的な出会いでした。

 

もともとデザイン事務所でWebの制作をしていましたが、飲食店に関わりたいと転職。
飲食店ではECの立ち上げ、店舗のメニュー開発や販促などを行っておりました。
しかし数年したときに「これ以上ここにいても何も成長しない!」と思い、転職を考えました。
とはいえ年齢やスキル、経験に一貫性がなく転職サイトを見ていても「どうしたらいいんだろう」と悩んでいました。
転職時期は今なの?ほんとに今の仕事やめていい?など自問自答の日々。

 

そのときに、当社ABC店舗の募集を見つけました。
職種はWEBディレクター。しかも飲食店専門の不動産会社。

 

ここしかない!逆に言うと、ここに受からなかったら終わりかも…行くとこない。。
と思いながら、面接に望みました。本気で思いを語りました。

 

そして今に至る、もう四年目です。早いなー。
あの時、もし当社の募集を見逃していたら。。。面接を受けてなかったら。。
今頃何をしてたんだろう(-_-;)

 

 

 


「出会いを大切にしなきゃ。」

 

 

 

私は基本的に内勤なので、それほど「人との出会い」の機会は多くないのですが、出会った方との関係を大切にしています。

せっかくなので、私が直接取材などをした飲食店舗のオーナーさんとお店をご紹介します!
感謝を込めて!!

 

 

・野中さん
開業ブログの第一号としてご協力いただきました!
会社から離れたところにあるので、1年に1~2回ですが必ず毎年伺います。
いつも常連さんでいっぱいのお店です!
開業ブログ:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/diary/case02
ちょこや:https://retty.me/area/PRE13/ARE6/SUB601/100001401184/

 

 

・淺井さん(ペンネームは朝井さん)
インタビュー記事にもご協力いただき、先日も撮影場所として店舗を快くお貸しいただきました。
美味しい刺身と日本酒でついつい長居してしまう…
開業ブログ:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/diary/sato_asa
瀬戸内朝採れ鮮魚と酒菜 蒼:https://r.gnavi.co.jp/8dstfvuw0000/

 

 

・中尾さん
今年にはいって2回も取材や撮影を快く受けていただきました。
今週、お店に伺います!!よろしくおねがいします!
インタビュー:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/interview/22734.html
縁・みそら屋 浅草:https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100001388504/

 

 

・河合さん
こちらは私が直接取材をしていないんですが、会社から数分なのでいつも2軒目にお伺いする隠れ家ワインバー。
いつも騒がしくてすみません…感謝を込めて。
インタビュー:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/interview/15010.html
PINOCO:https://retty.me/area/PRE13/ARE16/SUB1602/100001393347/

 

 

・神崎さん
開業後に販促・PRのご依頼をいただき、それをきっかけに何度か伺っています。
当社の店舗さんで一番Twitter販促が成功したお店さん。
200種類の日本酒を無制限で飲める上に、料理もうまいんです!!
インタビュー:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/interview/22256.html
日本酒専門 のすけ:https://www.nosuke-kawasaki.com/

 

まだまだ書ききれない程、素敵なみなさまと出会い、お付き合いしてきました。

 

これからもひとつひとつの出会いを大切にしていきます!

PAGE TOP