株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

記事一覧

~人形町『C』~ ABCプロデュース第3弾

 

皆さま、こんにちは。

本日のブログは営業部の野村が担当させていただきます。

最後までお付き合い、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

いきなりですが、飲食店出店希望者に高い人気を誇る人形町。

 

そんな魅力的な人形町エリア、しかも駅徒歩2分という好立地で、当社が企画する新築店舗のテナント募集をスタートします。

 

一昔前までは人情味あふれる下町というイメージが強いこの街ですが、

ここ数年で若い世帯が居住するオシャレなマンションや

有名企業が入居する大型のオフィスビルなどの開発も活発で

昼夜を問わずアクティブに活動する人口が増加しているそうです。

 

 

人形町(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

 

 

加えて、大安・戌の日には行列となる安産祈願で有名な水天宮、

(私も第1子のお宮参りではご祈祷までに2時間半並びました)

若い世代からご年配の方まで様々な層が訪れる明治座などの

最寄り駅としても利用されるため365日の営業が可能。

 

 

今半本店や玉ひではもちろん、メディアの取材はお断りの老舗有名店、

ファストフード店、今話題の洋食店、人気のラーメン店、

食材にこだわる小料理屋、大衆向けの低価格をウリにした居酒屋・・・

ターゲット顧客も価格帯も様々な人気飲食店舗が軒を並べます。

 

出店なさる方々のコンセプトに併せた集客が可能なエリアである反面、

競合店が多いため商品・サービス共に実力が試される立地なのかもしれません。

 

 

 

ただこの物件、駅から歩いてみるとお分かりいただけますが、

ヒトの流れや周辺の様々な業態の繁盛店が

現地到着までに成功のイメージを膨らませてくれるからなのか、

なぜかワクワクさせてくれるんです!

 

 

人気の人形町でこの規模の飲食店用の新築をお借りできるチャンスは、

今を逃してしまうと次はいつになるのかわかりません。

ご興味を持って下さった方は下記担当宛にいつでもお問合せください。

 

 

 

■物件概要

物件名:(仮称)人形町『C』

所在地:中央区日本橋人形町2丁目

階数・面積:  1階・約10坪

2~3階・約20坪(ダムウェーター設置・屋上利用可)

賃料その他諸条件についてはお問合せください!

独立規開業者様でも借りやすい条件でご紹介いたします。

担当:野村

携帯:080-1379-0042

 

スターバックス リザーブ ロースタリー

 

いつもABC店舗をご愛顧いただき、ありがとうございます。

営業二部の前田です。

 

先月28日中目黒にスターバックス・リザーブ・ロースタリーがオープンしました。

日本初、世界で5軒しかない特別なスターバックスとして、もうすでに足を運んだ方もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

世界で5店舗しかないだけあって、世界中から卓越したコーヒーを仕入れ、焙煎し、抽出してどのように作り上げているのかを直感的に体感してもらうことを目指しているとのことで、多くの拘りがあると聞いております。

 

なぜコーヒーショップが体感という言葉を使っているのか疑問に思い調べてみたところ、スターバックスの理念に行きつきました。(以下スターバックスの理念になります。)

 

スターバックスの理念

 

OUR MISSION

人々の心を豊かで活力あるものにするために──ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから

 

 

OUR VALUES

・私たちは、パートナー、コーヒー、お客様を中心とし、Valuesを日々体現します。

・お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられるような文化をつくります。

・勇気をもって行動し、現状に満足せず、新しい方法を追い求めます。スターバックスと私たちの成長のために。

・誠実に向き合い、威厳と尊敬をもって心を通わせる、その瞬間を大切にします。

・一人ひとりが全力を尽くし、最後まで結果に責任を持ちます。

・私たちは、人間らしさを大切にしながら、成長し続けます。

 

 

コーヒーでなく、valuesを提供する理念に沿った店舗という意味で、まさにスターバックス・リザーブ・ロースタリーは、理念を体現していると思います。コーヒーの味だけでなく、それを取り巻く環境やサービスを常に考えているからこそ、このような店舗ができあがるのだと感心してしまいました。

 

私たちもお客様にご提供しているサービスが、理念に沿っているのかを考えて仕事に取り組んで参りたいです。

 

 

 

 

 

わかち合い

みなさま、こんにちは!

いつもABC店舗をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

桜のつぼみもほころび始め、いよいよ春の到来です。

14日に発表された開花予想では、東京は例年よりも4日早い3月22日開花、29日頃に満開を迎えるそうですね。今年も頬までほんのり桜色にして(ほんのりですむかしらん)お花見を楽しみたいものです。

 

 

 

【わかち合い】

 

落語の「三方一両損」という話。

 

『左官屋が三両入った財布を拾う。
いっしょに書き付けも入っていたので財布は大工のものとわかり、さっそく家まで届けに行く。だが、大工は「落としたからにはもう自分のものではない、おまえがもって帰れ」と半分やせがまんから受けつけない。

 

左官屋も「金がほしくて届けたのではない」とこっちもなかばやせがまんで受け取ろうとしない。
三両をはさんでふたりが口論になる。仲裁に入った大家さんは困ったあげく、あの大岡越前に解決をゆだねるが、事情を聴いた越前守はおもむろに自分のふところから一両を出していう。

 

「この一両を足して合計四両。二両ずつをほうびとしてふたりに与えよう。それぞれ三両入るところが二両となって、損は互いに一両ずつ。一両出した私も一両の損。三方が一両ずつ損したところで一件落着」』

 

 

 

わかち合い、わけ合うことが必要な時代となってきました。

時代は「シェアリングエコノミー」全盛です。

 

シェアリングとは、

ライドシェアと呼ばれているUber(ウーバー)などの車の配車サービスや、

住宅を提供して民泊させるAirbnbなどのサービスや、

自家用車そのものをシェアするAnyca(エニカ)といったサービスのことを言います。

 

今、飲食店舗もシェアリングする時代。ABC店舗が先駆者となり発信してまいります。

 

日経MJはじめ各種メディアにも取り上げていただいております。

 

▼ニコニコニュース(ニコニコ動画のニュースページ)

https://news.nicovideo.jp/watch/nw4956650

都内の一等地でテストマーケティング向け「実店舗貸しサービス」が開始、2週間から利用可能

 

 

福田美智子

 

 

 

省リソース化

皆さま、こんにちは、情報システムの稲毛です。

今回は「省リソース化」について、お話しさせて頂きます。

 

 

 

 

最近、世界各国の小売り店・ファストフード店をはじめとする莫大なリソースを抱えた企業・団体などで、多角化するコストの削減を実現するために、キャッシュレスやレジレスといった「省リソース化」の流れが急速に進んでいます。

 

組織が大きくなれば大きくなるほど専門部門を創設せざるを得なくなり、効率化のためそこからさらに業務の細分化を行い専任がなされていきます。

 

すると、細分化された業務の中で、常に反復継続的に同じ作業を進めていく分野が登場してきます。一定の行動を一定の頻度で行う分野は、形骸化しやすく、いつしか”なあなあ”な作業に陥ることも少なくありません。

 

その日の気分、健康状態、経済状況などなど個人に与えられる要素は数えきれず、果ては大小様々な選択にも迫られることになり、人が介在する限り一定の状態を保ち、再現性を持たせることは不可能と言っても過言ではないでしょう。

 

しかし、逆を言うなれば、コンディションが変動せず一定を保つことさえできれば、一定の成果が約束され、効果の見返りがわかる分野とも言い換えることができます。

 

 

 

 

それに対して現代の出した解が、無人化です。

 

現代社会で日常生活を送るには、「物を手にするために対価を払う」という経済活動が基礎として組上げられており、相互利害関係という図式から切り離すことのできない立ち位置にあります。そのため、渡す、受ける、返す、といった授受由来の分野が必然的に実施回数が増え、リソースを割くほかに目的を遂げるための手段がありませんでした。

 

そこに対して、代替リソースともいえる人工知能による文明的発達をあてがう、ということです。

 

 

目に見える変化として、小売りのキャッシュレスやレジレスといった少額取引時の無人化があげられます。

 

アメリカ発「Amazon Go」がニュースになったことも記憶に新しいですし、中国ではすでに大規模な市場が形成されています。

日本でいえば、JR東日本スタートアップ株式会社からセルフ兼モバイルオーダーシステムとキャッシュレスシステムを搭載した「O:der Kiosk」が2019年の夏ごろから首都圏の駅中店舗で導入される予定、とつい先日発表されたばかりです。

徐々に生活へと広がりを見せつつありますね。

 

 

同時に、ヒューマンリソースの在り様に対しての新しい問いかけが生まれつつあります。

 

ちょうど、というにはやや皮肉が混じって聞こえますが、SNS動画騒動やコンビニ24時間営業に対する提起など、人的資源の内容について考えさせられる情報が相次いで出てきました。

 

こういった分野に代替リソースが組み込みまれ、無人で処理の出来得る作業が増え、個々人に対してより高い水準でのリテラシーが求められていくことになるでしょう。

 

 

 

 

弊社でも、皆様によりよりサービス提供をするため作業レス化を目指し、生産性の向上を行いご期待に沿えることのできるよう誠心誠意邁進してまいります。

 

今後とも引続き、よろしくお願いいたします。

 

 

出会いを大切にしなきゃ。

 

いつもABC店舗をご愛顧いただきありがとうございます。
マーケティング部の大木です。

昨日、3月11日に株式会社LIGさんとの共同事業「創業支援プロジェクト」によるはじめての取り組みとして「GOOD TABLE」という店舗を中目黒にオープンいたしました。
飲食店の独立開業を目指す皆さまを支援する、飲食業界を活性化するというプロジェクトとして、LIG×ABC店舗の企業同士で手を組んだ取り組みとなります。
詳しい取り組みについては以下をご覧ください。

 

▼飲食業の創業支援プロジェクト第一弾 大衆食堂「GOOD TABLE 中目黒店」を3月11日にオープンいたします
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000014783.html

 

LIGさんとの出会いは、私の部署がWebサイトの内部構造の修正をお願いしたことがはじまりで、一年と少し前になります。
業界で知らないい人はいないという超有名な制作会社さんですが、思い切ってお願いしてみたところ制作を請け負っていただきました。
しかもはじめにヒアリングに来ていただいた方が、CTOのづやさんでした。
LIGさんを立ち上げた方ですので当然優秀な方でしたので、すぐに仕事をお願いし、それが完了する前に次々と案件をお願いしていきました。
そして1年もしないうちに、Webだけでなく共同プロジェクトを行う関係になりました。

 

 

 


「出会いを大切にしなきゃ。」

 

 

 

そもそも、私がABC店舗に入ったのも運命的な出会いでした。

 

もともとデザイン事務所でWebの制作をしていましたが、飲食店に関わりたいと転職。
飲食店ではECの立ち上げ、店舗のメニュー開発や販促などを行っておりました。
しかし数年したときに「これ以上ここにいても何も成長しない!」と思い、転職を考えました。
とはいえ年齢やスキル、経験に一貫性がなく転職サイトを見ていても「どうしたらいいんだろう」と悩んでいました。
転職時期は今なの?ほんとに今の仕事やめていい?など自問自答の日々。

 

そのときに、当社ABC店舗の募集を見つけました。
職種はWEBディレクター。しかも飲食店専門の不動産会社。

 

ここしかない!逆に言うと、ここに受からなかったら終わりかも…行くとこない。。
と思いながら、面接に望みました。本気で思いを語りました。

 

そして今に至る、もう四年目です。早いなー。
あの時、もし当社の募集を見逃していたら。。。面接を受けてなかったら。。
今頃何をしてたんだろう(-_-;)

 

 

 


「出会いを大切にしなきゃ。」

 

 

 

私は基本的に内勤なので、それほど「人との出会い」の機会は多くないのですが、出会った方との関係を大切にしています。

せっかくなので、私が直接取材などをした飲食店舗のオーナーさんとお店をご紹介します!
感謝を込めて!!

 

 

・野中さん
開業ブログの第一号としてご協力いただきました!
会社から離れたところにあるので、1年に1~2回ですが必ず毎年伺います。
いつも常連さんでいっぱいのお店です!
開業ブログ:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/diary/case02
ちょこや:https://retty.me/area/PRE13/ARE6/SUB601/100001401184/

 

 

・淺井さん(ペンネームは朝井さん)
インタビュー記事にもご協力いただき、先日も撮影場所として店舗を快くお貸しいただきました。
美味しい刺身と日本酒でついつい長居してしまう…
開業ブログ:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/diary/sato_asa
瀬戸内朝採れ鮮魚と酒菜 蒼:https://r.gnavi.co.jp/8dstfvuw0000/

 

 

・中尾さん
今年にはいって2回も取材や撮影を快く受けていただきました。
今週、お店に伺います!!よろしくおねがいします!
インタビュー:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/interview/22734.html
縁・みそら屋 浅草:https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100001388504/

 

 

・河合さん
こちらは私が直接取材をしていないんですが、会社から数分なのでいつも2軒目にお伺いする隠れ家ワインバー。
いつも騒がしくてすみません…感謝を込めて。
インタビュー:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/interview/15010.html
PINOCO:https://retty.me/area/PRE13/ARE16/SUB1602/100001393347/

 

 

・神崎さん
開業後に販促・PRのご依頼をいただき、それをきっかけに何度か伺っています。
当社の店舗さんで一番Twitter販促が成功したお店さん。
200種類の日本酒を無制限で飲める上に、料理もうまいんです!!
インタビュー:https://www.abc-tenpo.com/contents/story/interview/22256.html
日本酒専門 のすけ:https://www.nosuke-kawasaki.com/

 

まだまだ書ききれない程、素敵なみなさまと出会い、お付き合いしてきました。

 

これからもひとつひとつの出会いを大切にしていきます!

まずは出来ることから

 

いつもABC店舗をご愛顧いただきましてありがとうございます。

不動産管理部事務課の吉川です。

 

本日3月11日、東日本大震災から8年となるこの日を迎えました。

この震災により犠牲となられた全ての方々のご冥福をお祈りいたします。

 

 

当時、首都圏でも最大震度6強の強い揺れを観測しました。

 

時と場所を選ばない地震、もしまた大きな地震が起こったらもちろんご自宅の状況も心配でしょうが、飲食店を経営されているお客様はお店の被害状況も気になるところでしょう。

 

地震が起こった後の対処よりも、まずは今出来ることを。本日は事前にできる対策をお伝えします。

 

 

 

 

①座席近くの高い位置にあるものを固定

 

地震の揺れによって一番身近な危険は落下物です。まず、座席より高い位置にディスプレイしてある置物や絵画などの額縁は固定しておきましょう。

市販で売ってる耐震マットでもかなり効果的なようです。100円〜でも購入できるのでおススメです。

 

 

 

②厨房の戸棚

 

厨房の戸棚に入っているものが落ちてくることがないように、戸をしっかりと閉めるようにしましょう。

 

 

 

③備蓄

 

水道やガスなどのライフラインが長期的に止まってしまった場合、飲食店の営業を続けることが難しくなってしまいます。そんなときでも常温保存できる食材と飲料水、カセットコンロなどがあれば、部分的にでも営業することができます。

 

 

 

以上は少しの工夫で、大損害を免れることもできます。本日から出来ることですので、是非とも試してみてください。

新たなスタート

皆様、こんにちは。
本日のブログは不動産管理部の倉嶋が担当致します。

 

だんだん暖かい日も増え、春が近づいている気分にもなってきますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。花粉症の方はそろそろ苦労が始まっているのではないでしょうか。

 

 

弊社は2月末を決算期としているため、この3月から新しい期がスタートしました。

 

組織変更等もあり、我々、不動産管理部も前期までは不動産サポート部の一部でしたが部門として独立。今期は人員も増強する予定もあり、より一層お客様・お取引様へのサービス・対応を向上していきたいと考えております。

 

 

 

 

期初ということで、当然、新たな期の目標設定を行いました。

 

弊社ではマネージャーに対し目標達成のために日次での進捗管理の重要性を強く言われており、

私自身、意識を高めているところです。

 

言われてみれば、目標に対する進捗管理の重要性は当たり前のように思いますが、振り返ってみると、思いのほかできていなかったことに気づかされます。

 

漠然と目標を持ち、日々の仕事を進めるだけでは、気づいた時には、目標達成までの軌道修正が効かなくなってしまっていたこともありました。

今期は、日々の進捗管理を行い、期初に立てた目標をしっかりとクリアできるように部全体で、進んでいきたいと思います。

 

 

 

皆さまも、既に目標を持って取り組んでいる方や、これから何かの目標を立てようとしている方は

是非、達成までの道のりを描き、日々の進捗を意識してチャレンジしてみてください。

職場のモラル

 

いつもABC店舗スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

ここにきて急に暖かい日が増え、過ごしやすくなってきた半面、花粉症の症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか。もうすぐに3月、春は目の前です。

 

 

最近大手チェーン店の従業員による不適切動画の投稿が、再び注目されてきています。

 

一時同様の報道が相次ぎ、企業側の対応のよって一旦落ち着いたかに思えたこの騒動、結局当事者の処分で一旦収まっただけで、根本は何も変わっていなかったということでしょうか。個々のモラルの問題というだけでは再発を防げないレベルにまで、日本人の精神は荒廃してしまったのかもしれません。

 

これらの背景にはYou TubeやInstagramといった動画投稿サイトの普及があります。

 

目立った動画を投稿し、多くの「いいね」を獲得することで満足感を得る、そのためには少々非常識なものでないと・・・、この発想が蔓延しつつある状況からして、日本は近い将来「法治国家」「治安のよい国」と言えなくなるのではないかと、うすら寒い思いがいたします。

 

 

 

昔、子供たちのあこがれの職業と言えば、女の子は「お花屋さん」や「ケーキ屋さん」、「看護婦さん」等、男の子は「電車の運転手」や「お巡りさん」、「プロ野球選手」等が上位を占めていたものですが、今ではその上位陣に「YouTuber」が入ってきているのです。

 

「YouTube」には「YouTube」のルールがあり、それをきちんと守っているからこそ沢山のスポンサーがつく「YouTuber」が職業として成りたつのであって、「いいね」欲しさだけでルールを無視する輩が場を荒らしている現状を本物の「YouTuber」たちはどう見ているのでしょうか。

 

 

日本の近代ホラー映画の代表作である「リング」がリメイクされます。

 

原作は、呪われたビデオテープの画像を見た人が次々に死んでいく、というものでしたが、今回はSNS普及という時代背景を踏まえ、呪われたシーンが映り込んでしまった画像を投稿してしまうと死ぬ、という様に、現代向けにアレンジされている様です。

 

いずれにしろ、ホラー好きの方には必見の映画になる事でしょう。

 

 

 

弊社の物件情報も、メール配信のみならず、「LINE」や「Facebook」も活用しておりますが、コンプライアンスには十分に配慮し、周囲にご迷惑をお掛けしない様細心の注意を払っております。何かお気づきの点がございましたら、ご指摘いただけると幸いです。

 

企業の運営にも様々なルールや規定があり、それに沿って進められています。

例えば、何かの業務を委託するようなお取引業者様との、新規取引の開始に当たっては、

 

① 見積書を基に取引の開始(支払の発生)を稟議申請し承認を取る。

② 取引業者様が問題のある企業でないかどうかのチェックをする。

③ ①②が整った段階で発注をかける。

④ 業務が終了したら請求書をもらい、経理に支払いを依頼する。

というようなルールがあります。

 

少しでも業務を急ぎたいあまり、①②の前に③を済ませてしまい、請求書がきても稟議が承認されていない、というケースは起こりうるものだと思います。

 

社内の実務とSNSの不適切動画では、あまりに違う話の様にも感じてしまいますが、「職場のモラル」という点では、同様のものと言えるのではないでしょうか。

 

 

モラルの低下があらゆるトラブルの根底にある様に、従業員一人一人が、己を律して仕事に取り組んでいきたいものです。

 

総務部部長 松本治

 

 

大門目抜き通りでテストマーケティングレストランをスタート

 

 

皆様こんにちは。

本日のブログを担当させていただく営業部の野村です。

 

 

本日のテーマは間もなくリリースされる

新たなプロジェクトについてご紹介をさせていただきます。

 

当社では飲食店としてはめずらしいテストマーケティングのための

期間貸しサービスを2019年4月中旬にスタートいたします。

 

第一弾となる本プロジェクトは

お客様からも『好立地』との評価をいただける店舗!

 

 

 

以下、簡単ではございますがこのプロジェクトについてのご説明を。

 

 

【どんな立地?】

 

 

①大型オフィスビルや港区役所などが隣接。昼間はオフィスワーカーが多い

 

②JR浜松町、地下鉄大門から東京タワーに向かう目抜き通りに面す

 

③角ビルということもあり間口が広く視認性も非常に高い

 

④周辺はコンビニをはじめ飲食大手ナショナルチェーンも積極的に出店。

 

⑤羽田からのアクセスがよいことからも外国人観光客向けのホテルが増えた。

 

 

 

【どんなメリットが?】

 

①新業態のテストマーケティングとして人目につく立地で

プロモーションを実施し事前に市場の声を集められる。

 

②最短で2週間からの利用が可能なため、

通常の出店とは異なり様々なリスクを抑えられる

 

③通常数百万から数千万円かかる内装を含めた初期費用が0

 

 

 

【現在営業中の店舗の売上などは?】

 

 

 

・業態:ラーメン店 麵屋「そら」

・客単価:ランチ@950円、夕方以降@1000円~@1500円

・ランチタイム:11:30~14:00の間に平均5回転

・1日当たり:平均200食超を提供

・月商:平均600万から700万…などなど

 

このプロジェクトに興味を持っていただけたら

私の携帯080-1379-0042までお気軽にご連絡ください!

 

 

このプロジェクトのプレスリリースが大手新聞社サイトにも掲載されました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000021773.html

お伝えしきれない情報はこちらからもご覧いただけます!

 

 

久しぶりにテニスをはじめました

 

いつもABC店舗をご愛顧いただき、ありがとうございます。

営業二部の前田です。

 

日頃なかなか運動できる機会がなかったため、中学生時代以来ですが、久々にテニスを始めることにしました。現役のときの感覚が残ったままですが、運動不足が祟って体がなかなか追いついてこないです。徐々に慣れていきたいと思っています。

 

 

 

 

さてテニス繋がりですが、先日のドバイ選手権では新女王、大阪なおみが初戦で敗退しました。コーチ契約の解消から、また世界ランキング1位になってからの初めての試合だったので、注目していたのですが、非常に残念な結果になってしまいました。

 

 

色々と事情のある中で試合だったことは想像ができます。

しかしながら、スポーツでも仕事でも結果が評価の全てだとよく聞きます。

 

過程などは結果のためのプロセスであって、目的ではないため、

「結果はでていないけど、これだけやっている」は自分への言い訳や免責にしかならないと自覚して、結果のために日々業務を行っていきたいです。

 

 

PAGE TOP