株式会社ABC店舗

店舗物件のことなら
店舗専門不動産会社のABC店舗へご相談ください。

記事一覧

誠実さについて

皆様 こんにちは!

いつもABC店舗をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

 

ABC店舗では8月で上半期を終え、前半の振り返りと後半下半期の戦略について共有し、社員全員心とベクトルを合わせるべく社員総会を開催しました。

 

その際、様々な社内ルールを撤廃し「会議開始5分前には着席」というシンプルな一つのルールを徹底することの宣言がありました。

 

 

ここに小林正観さんの興味深い話があります。

「誠実さ」について述べましょう。

ある会社の取締役と話していたときのこと。

「遅刻」の話になりました。

 

「おもしろいのですよ。会社が8時半始まりのとき、よく遅刻してくる社員がいました。“もう少し遅くしてくれれば遅れない”というので、その意見を入れて、8時45分にしてみました。

 

そうしたらやはり同じ人が遅れてくる。9時始まりになっても、この人は遅れてくるんです。つまり、どうも時刻の問題ではないらしい。遅れてくる人は何時になっても遅れてくるんです」

 

同様に、「不誠実」は、約束を守らない、すぐにキャンセルする、というところにも表れます。集まりの日を「この日でなければダメ」というのでその日に設定すると、「急用ができていけなくなった」(“急用”を入れてしまった)ということも「不誠実」のひとつ。

 

つまり、「誠実さ」とは、「対外的に口にしたこと、表明したこと、約束したことについて、できるかぎりの努力をする」ことでしょう。

 

(中略)

 

「遅れる人はどんな時刻を設定しても遅れる」という言葉が、「誠実」ということの意味を、象徴的に語っているような気がします。

 

以上です。

 

誠実とは、まごころが感じられることであり、まじめで、嘘がないこと。

約束を守る、人を裏切らないということ。

 

つまり、遅刻する人は、約束を守らない不誠実な人。となります。

お客様への誠実な対応の一歩は「会議開始5分前には着席」というシンプルなルールをきちんと守ることから始められるのだと思います。

どんなときも、誠実な人でありたいものです。

 

 

福田美智子

 

 

新体制

秋冷の候、一雨ごとに秋の気配を感じるころとなりました。

本日は、総務部総務課がブログを担当いたします。

 

下半期に入り(当社は2月が決算期にあたるため、9月から下半期となります。)、

ABC店舗は新体制でのスタートを切りました。

 

 

 

 

私が所属する総務部もにおいても大きな変更がございました。

 

先日のブログでご説明のとおり、

経理課が経理部として総務部から独立しました。

 

また、人員配置としても、

営業部の部長職にあった者から総務部長が選出され、

さらに、9月入社の新メンバーが総務課に加わるといった変更がございました。

 

 

総務部は、現在、総務課・人事課の2課で構成され、

4名体制で日々の業務に奮闘しております。

 

総務部は、会員様・お客様と直接接する機会をは多くありませんが、

 

間接部門として、直接お客様と接する機会の多い営業部・経営サポート部を、

フォローすることにより、

 

全社一丸となって、お客様へ、

提供しているサービスの向上を図っていきたいと考えています。

 

 

色々考えさせられた社員総会

皆様、こんにちは。

本日のブログは経理部経理課が担当致します。

 

弊社は毎年恒例で小田原にて社員総会を開催しているのですが、先週1泊2日で行って参りました。

 

 

会員の皆様、お取引をさせていただいている皆様には大変ご不便をお掛け致しましたことをお詫び申し上げます。

 

 

 

 

 

今年は上期の振返りと下期の目標を各部署で発表したのですが、わが部署は総務部から経理部に変わり、会計課と経理課に別れ、勤務先もそれぞれ分室と本社勤務になりました。

 

私の所属する経理課では今年4月に入社した新入社員が6月から配属され3ヶ月が経とうとしております。

新卒間もない社員を預かること自体初めての経験で、私自身も大変勉強させてもらっている毎日を過ごしております。

 

人に伝える難しさ、頭では分かっていてもうまく言葉にできないもどかしさ、いつもなら何でもない状況でもロケーションが変わるだけで上手くいかなくなる緊張感・・・

 

ある程度想定外なことも考えて準備していてもどうにもならないことが起こり得ます。

40を過ぎた私にもそういった場面が多々ございます。

 

色々なことを経験し、そして乗り越えていって欲しいです。

そして、私自身も改めて考えさせられた社員研修でした。

 

 

 

 

社内研修

みなさまこんにちは。

いつもABC店舗をご愛顧いただきありがとうございます。

経理部会計課の中筋です。

 

 

さて、ABC店舗では基礎スキルの習得を掲げ、社内研修を積極的に行っておりますが、

先日も外部から講師の先生にきていただき研修が開催されました。

 

 

 

 

テーマは「リーダーシップとマネジメント

 

自身のリーダーシップとマネジメントの強みと課題を理解することを目的に、

自分自身の体験を振り返りながら、リーダーシップとマネジメントの概要などについて学びました。

 

 

私は新卒で入社して7年目になるのですが、今年は初めて自分の部署に新卒の子が配属され、自身が行っていた業務をメインで引き継いでもらったため、人に教えることの難しさを身をもって実感した次第です。

 

 

頭の中では分かっていつつも、いざ説明しようとすると上手く言い表すことが出来なかったり、普段意識せず自然と頭の中で判断していることも、なぜああなっていて、どうすればこうなるのかといったことを言葉で説明することはとても難しく、かえって気付かされることも多かったり・・・。

 

今までリーダーシップやマネジメントについて考えることはあまりなかったため、同じ部署に新卒の子が配属されたこのタイミングで行われた今回の研修は、いいきっかけになったと思います。

 

研修で登場したリーダーシップ・マネージャーシップ像に一歩でも近づけるよう、日々精進してまいります。

 

 

基幹システム運用開始までの「道のり」

 

みなさま、こんにちは。

本日のブログは、情報システム課の稲毛が担当致します。

 

今回は、7月に運用を開始した【基幹システム】について、プロジェクト開始から、現在までの険しかった「道のり」について、ご紹介致します。

 

 

 

【基幹システム】の構築する目的としては
  1.業務の標準化・平準化・効率化の実現
  2.システム間連携強化による業務効率改善
  3.タスクによるマネジメントサイクル(PDCA)の促進
  4.データの一元管理と精度向上

 

等を掲げ、【基幹システム】構築プロジェクトを、今から1年半前の2017年3月に開始しました。運用開始は、一年後の2018年3月に設定しました。

 

 

社内のリソースだけでは、パワーもありませんし、スキル不足な部分もありますので、システム開発会社に、業務委託する形を取りました。

 

開発会社選定のポイントは、

 

 1.ある程度の会社規模があること(安心して任せられるかどうか)
 2.金額を含めた提案内容の妥当性があること(スキルや価値感等を判断)
 3.プロジェクト体制に無理がないこと(スケジュールの妥当性、下請け会社の使用有無)

等です。

 

 

2017年3月に要件定義、基本設計を実施し、詳細設計に進む前に、要件定義、基本設計の内容で、金額を再度見積もって頂きました。見積り提示された金額は、当初の提案内容の2倍、運用開始のスケジュールも一年近く、後ろ倒しとなっておりました。

 

この内容では、先に進むことができず、あれこれ検討・協議している間に、4ヵ月が過ぎ去りました。

 

結果、妥協点として

 

 1.経理機能、不動産管理機能は、開発範囲外とする

 2.通常外物件種別の機能を、開発範囲外とする

 3.使用頻度の低いまたは現状の方法で対応可能な業務機能を開発対象外とする

 4.2018年3月の運用開始に間に合わせるため、詳細設計のレビューは行わない

を取り決め、2017年8月にプロジェクトは再開しました。

 

 

月日は流れ、クラウド環境への引っ越し準備が無事終了し、2018年2月を迎えました。

本番直前にも関わらず、どのような仕上がりなのかを確認できていません。

納品が3月ではなく、運用開始が3月なのですが。。。

 

納品されたのは2月23日。。。当初の本番開始予定まで一週間しかありません。

この期間で全ての機能を検証し、バグ対応を終わらせることは不可能でした。。。

 

 

検証作業を開始しました。

見つかったバグは、185件。

このバグの解消作業にも時間が掛かり、本番運用開始の日程が決められない状況で、3カ月が経過しました。

業を煮やしたI本部長のサポートにより、本番運用開始日を決定することが出来ました。

 

 

予定とおり、本番運用はなんとか開始できましたが、今までのシステムとの操作違いや、機能不足な部分が多々あり、皆さんから改修要望を数多く頂きました。

頂いた改修要望は、103件。

特に事務の方々には、通常業務が滞ってしまうこともあり、迷惑を掛けてしまいました。(今も一部継続中・・・)

 

 

現時点では、システム構築の目的が達成出来ておりません。

日々、情報システムメンバー全員で、目的を達成するために、改修要望の対応にあたっています。

今回うまくいかなかったところを肝に銘じ、次のプロジェクトの教訓にしたいと思います。

 

 

 

異文化に触れ

皆様、こんにちは。

本日のブログは経営サポート部の倉嶋が担当致します。

 

 

ここ最近のブログでは各マネージャーが夏季休暇についての話題を書いておりますが、

私も先週夏季休暇を頂きましたので、そのことを少しお話させて頂きます。

 

尚、弊社の夏季休暇のシステムについて他の記事で多く記載しているので、その部分は割愛します。

 

私は、夏季休暇を利用し台湾へ一人旅に行ってきました。

 

 

海外旅行は昨年、大学の卒業旅行以来17年ぶりにベトナムとタイへ行ってきました。

その際に、海外へ行くと、普段当たり前と思っている日本での生活習慣とは違った部分に触れられ、

多くの刺激を受けました。そこで、今年は夏季休暇を利用して台湾へ行ってみました。

 

 

まず、やはり仕事柄目が行ってしまうのは飲食店です。

驚いたのは私が想像していたより多くの日本で見かける飲食店が進出していることです。

定食屋・焼肉屋・ラーメン等、ほんとに多くの日本企業が出店していました。

 

 

しかし、台湾の魅力の一つでもある「夜市」は日本にはない形態の飲食店の在り方だなと感じました。

わかりやすく言うと、お祭りの際の屋台(かなりの数)が毎日あるような感じです。

日本の繁華街でも夜市のような形態の出店場所があってもの面白いなと感じました。

 

 

 

 

また、旅行の間、一人旅ということもあり、何も考えずにボーっとする時間や、

普段の仕事について客観的に考え直す時間などが作りやすかったことも非常に良かったです。

 

 

台湾でおいしい食べ物を食べ、きれいな景色を見ていいリフレッシュもできたので

今週から新たな気持ちで、仕事に取り組んでいきたいと思います。

これからも年に1回くらいは海外で異文化に触れる機会をつくっていきたいと思います。

 

 

 

充実した休暇

 

いつもABC店舗のホームページをご覧いただきありがとうございます。

営業部の新井です。

 

 

 

今期よりスタート致しました新しい取り組みで感じたことをご紹介致します。

取り組みの内容は『マネージャー以上の管理職は夏季休暇期間に9連休取得を必須とする』です。

 

目的の一つとして、

自分自身のキャリアプラン・ライフプランを見直す

という項目があります。

 

普段は贅沢とは無縁の生活を送っている私ですが、

1日を使って一流を体験した上でプランの見直しをしてみました。

 

 

舞台に選んだのは日本橋から銀座にかけてです。

 

様々な物販店で店員さんのサービスを受け、

ランチに3,500円と奮発をして和食をいただき、

おおらかな気持ちになり喫茶店に入りました。

 

 

優雅なクラシックが流れているお店でお茶をしながら呑気に

SNS映えを掲載し続けるのもお金がかかるなぁ

接客業は姿勢と笑顔が大事だなぁ…

自分は綺麗な接客ができていないなぁ等

 

プランとは直接関係のないことを考えたりしているうちに

いつの間にか

以前描いた理想像と現在描いている理想像のギャップや

会社での立ち位置、周囲の方からどのように見られているのか等を考えていました。

 

 

 

普段から自分自身では仕事とプライベートを分けられていると思っていましたが、

社用携帯や社用PCを持ちかえらずに過ごした休暇で、心の底からは分かれていないと感じました。

 

休暇中はガスを元栓から閉めたようにオンとオフのスイッチが切り替わり、

休暇明けは頭がスッキリした状態で迎えることができ、

今まで以上にリラックスができたと思います。

 

また、休暇前に自分がいない期間が不安だと言ってくるメンバーもいましたが、

自分自身は不思議と残されたメンバーへの不安や心配はありませんでした。

自分がいない間に責任感が生まれたメンバーもいて貴重な時間になりました。

 

これからもみなさんのお役に立てるよう、信頼しているメンバーと共に業務に専念して参ります。

自分自身にとってもメンバーにとっても非常に貴重な時間になったと思います。

 

 

 

 

一週間の夏休み

こんにちは。本日のブログ担当の営業部の吉村です。

 

今回は弊社の休暇制度についてお話させていただきます。

 

弊社では、夏休みの取得の時期を自由に選択できるという制度がございます。

多くの方はお盆の時期に休暇を取得されますが、私は9月の第一週目の一週間をお休みとして頂きました。

 

 

私の課では現状人数が少なく、私一人抜けてしまうと少なからずご迷惑と影響を与えてしまうと懸念しておりました。

ですが、休み明けに出社してみると私の心配は不要だったようで、残りのメンバーで業務を完璧に行っていただけました。

 

こういったことは日頃から業務に組み込まれている、研修制度を着実にこなしてきた成果だと思われます。

 

安心して休みを取れるというのは、プライベートな時間を充実させることにつながり、今後仕事を続けていくうえでとても重要なことだと思います。

 

仕事も休みも本気で取り組むことで業務効率を向上させ、

営業マンとしてこれからも成長できればと思います。

 

 

ちなみに私の今年の休みは、東京から兵庫県の淡路島まで、7日間をかけ自転車で行ってまいりました。

 

 

写真の奥に見えるのが明石海峡大橋です。

 

 

次回は淡路島からスタートし四国一周を目指します!

 

 

部下の成長

いつもABC店舗をご愛顧いただきましてありがとうございます。

事務部の吉川です。

 

 

さて、当社は先月末をもちまして今期第2Qが終了し、その結果を踏まえて来週全体研修を行います。

 

過去3ヶ月間の目標や結果を見て行く中で、部下の急滑走の如く成長している姿には目を見張るものがありました。事務部という事務作業が多く外部との接点が少ない中で、逞しく成長してくれています。

 

マネージャーの存在価値は何かといえば、部下のモチベーションを鼓舞し、一人一人が元気に楽しく働けているか寄り添い、トラブルがあれば駆けつけ、部署のあるべき姿を指し示す…、なんて考えていましたが、私の9日間に亘る長期休暇明けに「意外と大丈夫でした」なんて部下に言われて嬉しい気持ちもあり、寂しい気持ちもあり、ちょっと拍子抜け…。

 

それでもやはり最後には、常に改善を意識する我が事務部、さすがだなあと誇らしく思いました。

 

全体研修では他部署の上期の結果も含めて発表があります。他部署の施策や結果の刺激を受けて、更にお客様にお力添えできるような部署にして参りたいと思います。

 

最後に、来週9月14日、15日業務をお休みさせていただきます。ご迷惑をおかけしてしまいますが、更なる躍進のため、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

まず、やりはじめる

経営サポート部の山﨑です。

 

慣れている仕事は無意識というか反射神経でやっているため問題にならないことが多いです。

 

しかし、初めてやる、しかも大きな仕事の時には、調べてばかりで一向に進まないという問題が頻繁に発生してしまい、

しかも締切が複数迫っていたり既に過ぎてしまっていて、途方に暮れてしまいます。

 

そんな時、私は自分を落ち着かせるため、次にご紹介するエピソードをいつも思い出すのです。

 

 

 

 

エピソードの一つ目は、上智大学名誉教授で一般向けのベストセラーを多数残した渡部昇一氏(故人)です。

 

 

もう、六十年以上も昔のことになるが、私は大学の卒業論文のテーマにラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を選んだ。

当時はまだ彼に関する本や論文も多くは出ていなかったから、それらをすべて読んで大論文を書いてやろうと考えた。思えば、いかにも若者らしい野心である。

 

現実に、二万ページくらいはハーン関係のものを読んだ。そうするうちに論文の構想が浮かび上がってくるに違いないと考えたのだが、

予想に反して、アイデアはメモの範疇を超えず、論文としての構想はまとまってこなかった。

 

しかし、締め切りだけは迫ってくる。そこでやむなく、締め切りの一カ月半前から第一章を書き出した。すると驚くべきことに、第一章に着手した途端、新しく調べなければならないことが次から次へと具体的に出てきてしまったのである。むしろ、資料を読んでいた折にとったメモは、使い物にならないことが多かった。結局、卒論は締切に間に合わず、論旨も一貫せず、全く不満足なものに終わった。

 

この経験を通して学んだことは、「まず書き始めることが大切」ということであった。漫然と目的を絞らずに乱読しても、あまり役には立たないのである。疑問が生じたらチェックし、最初の構想が間違いだとわかったら書き直す。しかし、それでよいのだ。そのようにして毎日、何時間か機械的に取り組まないと、まともな論文など完成しないのである。

 

実践・快老生活: 知的で幸福な生活へのレポート

 

 

 

エピソードの2つ目は、ソフトバンクの、あのADSL事業に携わった三木雄信氏のものです。

 

 

「ADSL事業に参入して、まずは1年で100万人の顧客を獲得するぞ!」

そのために、まずモデムを100万台発注しました。もはや発注してしまったのですから、不退転の決意です。これがゴールです。

「Plan(計画)」ではなく、「目標+実行」からソフトバンクではすべてが始まるのです。

 

こうして最初にゴールを設定し、実行すると決めれば、「では、資金はどうやって調達するか」「人はどれくらい集めるか」などを考えざるを得なくなります。

 

人はプレッシャーがかかった状態で考えると、思考が倍速化します。

 

つまり、めざすゴールが決まっていると、どんなに不利な状況であっても、そこから逆算して「いつまでに何をやるべきか」を具体的に考えるようになるのです。仕事の締め切りが迫ってきて、プレッシャーはピークに到達。ない知恵を何とか絞り出し、無理やりにでも計画を動かす。そんな経験は誰もがあると思います。

 

この仕組みがあるから、ソフトバンクは新しいことにも積極的にチャレンジできるのです。

孫社長が超速で事業を成功させてしまう非常識な方法

 

 

このエピソードの主人公になりきって、「卒論が間に合わなくて卒業できない・・・」

「孫社長が、本人以外は大反対しているにもかかわらず、モデムを100万台(100台ではなく100万台です)発注して、

しかも記者会見までしてしまった・・・

 

 

でも、なんとかなった!だから、自分も何とかなるだろう!を(何度もやっているので)1秒程度で頭の中で経験してみると、

何とかなりそうな気になるのです!

 

 

いま私が担当している部署は、「まず(小規模に)やってみる」場面が多いため、

そのことに関連して、皆様のお役に立ちそうなエピソードをご紹介いたしました。

 

 

何かのヒントになれば幸いです。

 

山﨑

 

 

 

 

PAGE TOP