株式会社ABC店舗

お店はじめる!なら、ABC店舗
融資から経営まで徹底フルサポート

記事一覧

お花見に行ってきました

 

 

皆様、こんにちは。

月末の金曜日、本日は経理課が担当いたします。

 

部署としては一番忙しい決算のピークを過ぎたところで、個人的には社員総会で経理課としての発表を担当し、何とか終えてホッとしているところです。

 

さて、今年はお花見したいなぁ・・・と思い、行ったことがない六義園へ行ってきました。

 

六義園は東京都文京区駒込にある都立公園です。

 

 

徳川5代将軍徳川綱吉の側用人、柳沢吉保が7年の歳月を費やして完成させた回遊式築山庭園で、江戸時代を代表する日本庭園として特別名勝に指定されています

 

桜の本数としては多くはないのですが、六義園のしだれ桜の大木は、滝のように流れる薄紅の花枝が非常に美しく、桜の名所として知られています。

 

 

 

 

人が多くてびっくりしましたが、とても美しく感動的でした。

 

次回はライトアップされたしだれ桜も見てみたいなぁと思いました。

 

 

 

 

皆様はお花見しましたか?

 

私は日本の四季を感じる季節で、ピンク色に染まった景色を見ることができる桜の季節が一番好きです。

 

 

皆様の夢も満開になるように応援しております!

 

 

 

こどもの成長

マーケティング部のマネージャー大木です。

 

 

先日、長男が小学校を卒業しました。

小学校入学がついこの前、とまでは思いませんが、6年って早いですね。

 

1年生からサッカーチームに入り、ほとんど休むことなく週2回の全体練習と

土日は遠征試合というハードな6年間を過ごしていました。

 

その長男が卒業式の前に、学校で作ったものやらたくさん持ち帰ってきました。

その中にこんなものが。

 

 

 

 

なんとこれ、これからの目標を立てて教室に貼っていたものだそう。

 

ちょっと先を見据えた目標設定に驚き!

私が同じ年の頃だったら、「中学の部活でがんばりたい!」が精いっぱいだったはず。

 

そして偶然ですが、4年生の時にサッカーの監督をしてもらった方が書類を整理していたら、こんなものが出てきたそう。

 

 

これを書かせてその年の目標を立てさせていた監督、すばらしいですね!

 

そこには、“とくいなもの”が「べんきょう、パス」、

“うまくなりたいこと”に「リフティング」と「PK」と書いていました。

 

今では勉強もそれなり?にはなり、

パスも得点につながるような鋭いパスが出せるようになり、

リフティングは入団時に10回もできなかったのに、

今はつかれるまで永久にできるそうです。

(書く字も少しはマシになってます)

 

小学校も中学校も進学校に行くわけでもなく、

そもそも勉強大好きって訳ではありませんが(笑)

“とくいなもの”をしっかりと活かし続け、

“うまくなりたいこと”をしっかり実行してきたからこそ、

サッカーも上達し、「いい高校に行く」という目標を立てられたんでしょう。

 

 

教育、成長というのは教えている人間の方針で大きく変わってきます。

長男はいい指導者の中で育ち、時には嫌な事もつらいこともありながら

成功する喜びを知り成長してきたのだと思います。

 

自分自身も、会社でマネージャーという立場であり直属の部下の育成はもちろんですが、

その他の若手社員と話す機会を多くし、少しでも成長の手助けができればと感じています。

 

と、偉そうに言っても、現実は自分がもっと成長しなければと日々反省の毎日なんです~。

 

 

 

チェーン店なのに個人店みたいなお店

皆さん、こんにちは。

 

ABC店舗 スタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は人事マネージャーの徳永がブログを担当いたします。

 

 

さて、現在ABC店舗人事課は4月に入社される新入社員の受け入れ準備で大わらわ状態となっております。

 

毎年この時期は備品をそろえたり、研修スケジュールを組んだりと忙しさが増しますが、

飲食店にお勤めの皆さんに置かれましてはお花見宴会や歓送迎会の宴会需要が嬉しい季節なのではないでしょうか。

 

 

わたくしも例にもれず、

先週桜が咲き始めた中目黒へ行き、焼き鳥を食べてきました。

(花より団子を地で行く食いしん坊)

 

 

 

なぜ焼き鳥だったのか?というと、

エーピーカンパニーさんから招待いただいたからです!

株式会社 エー・ピーカンパニー公式サイト

 

 

エーピーカンパニーさんと言えば、

塚田農場で有名すぎるほど有名ですが、

塚田農場 公式サイト

 

 

 

ついにその塚田農場という業態が進化を遂げる!第二章開幕!

 

 

 

 

えっらいかっこいい内外装のお店に仕上がったとのことで

オープンした瞬間に合わせて予約&来店した運びです。

 

 

塚田農場はエーピーカンパニーが自ら生産を手掛けるみやざき地頭鶏と

チェーン系居酒屋では珍しくリピート客が5割を超えるという賑やかな接客がウリでしたが、

(個人系居酒屋もびっくりのリピート率なのではないでしょうか。)

 

 

今回の「つかだ」は一転、

カウンターの中で職人さんが串を焼く姿を目にしながら、ワインや日本酒を楽しむ、

シックで大人な内装、グループで来るというよりデート仕様の店になっていました。

 

 

 

 

また、折しも桜が咲き始めた3月22日にオープン

 

店舗の全面はいつも以上の人通り、足を止めて観察する通行客が多く、

まさか桜の開花を狙ってのオープン日設定だったのか?と思うほどの宣伝周知効果があったと思います。

 

そういったあたりも含めてさすがだなぁと思いました。

(そして、勿論ひっきりなしに予約客が来る満席っぷりでした。)

 

 

ただ、ブログを読んでいただいている皆さんには申し訳ないのですが…

 

 

食べることに夢中になりすぎまして、

 

 

肝心の写真をとることをすっかり失念してしまいました…。(反省しております…。)

 

 

 

 

2018春 サービスの充実

みなさま、こんにちは。

いつもABC店舗をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

本日のブログは、営業部の大場が担当させていただきます。

 

 

突然ですが、春は新しいことを始めるにはとても良い季節ですね。

弊社でもこの春からいくつか新しいサービスをスタートさせていただきました。

 

 

その一つとして、物件をお探しのお客様に専任の営業担当が着くことになりました。

すでにサイトのマイページを見て、

また営業担当から連絡がいき、ご存知の方も多いと思います。

 

マイページが生まれ変わりました

 

 

今まで、色々な営業から連絡がきて、

そのたびに同じことを聞かれたなんてお客様も多いと思います。

 

これからは専任の営業担当がお客様の物件探しのお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

もう一つは、360°カメラの導入です。

 

 

既に住宅の不動産サイトでは多くみられるものですが、この度、お客様の物件探しのお役に立てればと弊社でも導入を決めました。

 

まだ撮影自体が追いついておらず、全ての物件で導入ができておらず申し訳ありません。

なるべく早くすべての物件の撮影を行い、サイトにアップ致しますので、今しばらくお待ちください。

 

 

 

2つとも目新しいサービスではありませんが、お客様の物件探しに少しでも役に立てるよう始めたサービスです。

ぜひ活用していただければ幸いです。

 

 

今後もお客様の夢の実現に伴走できるよう、

様々なサービスを充実させていきたいと思います。

引き続き宜しくお願いいたします。

 

 

 

7つのS

みなさん、こんにちは。

 

営業部の金田です。

 

 

昨日東京では桜が満開になったようです。

 

そしていよいよ週が変わると4月です。

 

 

多くの企業は4月から新期のスタートだと思いますが、

当社は2月決算の為、3月から一足はやく新しい期に突入しています。

 

 

 

今回は当社が掲げる「7つのS」という方針についてご紹介します。

 

https://corporate.abc-tenpo.com/recruit/seven_s/

 

 

当社ではスタッフのやる気と能力を最大限に引き出すための工夫を

 

「Strategy、Structure、System、Shared Value、Staff、Skill、Style」の

頭文字をとって7つのSとして掲げています。

 

 

 

 

 

 

今回は新卒社員の入社を控えていることもあり、7つのSのうち人材の育成に関する「Skill」についてご紹介します。

 

 

「Skill」についてですが、当社は「基本スキル習得」という業界、業種問わず、どんな場面でも活躍できる人材への育成を掲げています。

 

 

当社の研修は社内講師による研修と、OJTによる現場研修に加え、外部研修を利用したビジネスフレームワーク習得にも力をいれています。

 

 

前年度実績としてはグロービスさん開催の「クリティカルシンキング」と「SWOT分析」の講座を社員の大半が受講しました。

 

当社では現場で学ぶことに加え、こういったオーソドックスなテーマを学べる機会が社員に提供されています。

 

なぜなら現場経験と知識の両面を充実させることが、より早くどんな業界、業種でも活躍できる人材に成長できると考えているからです。

 

 

前年度に引き続き今期も多くのビジネスフレームワークの研修が計画されています。

 

 

新入社員のメンバーを筆頭に、このような機会を最大限利用し、社員ひとりひとりが学びの姿勢を持ち続けることでさらなる成長を目指していければと思います。

 

 

 

PDCAサイクルを強く意識する

皆様、こんにちは。

本日のブログは不動産管理部の倉嶋が担当致します。

 

「PDCAサイクル」

皆様も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

中には、常に意識して仕事に取り組んでいるなんて方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

ABC店舗では、このPDCAを強く意識して業務を進めることに取り組んでいます。

それぞれのフェーズを簡単に書き出してみますので、皆さんもちょっと、思い出してみてください。

 

「P」:PLAN(計画)

この計画でサイクルがうまく回るかどうかの5割が決まるそうです。

 

「D」:DO(実行)

ここで重要なのは行うと決めたことの進捗管理だそうです。

 

「C」:CHECK(振り返り)

ここでは、目標(ちなみに目標は数値化するのがいいそうです)に対する達成率を振り返り、できた理由、できなかった理由を分析します。

 

「A」:ACTION(実行)

振り返りで行った分析をもとに、できた部分をさらに強化したりできなかった部分を見直し、さらに新しいサイクルに入っていきます。

 

すごく簡単に書き出しましたが、興味がある方はPDCAについての書籍や記事がありますので一度見てみてください。

 

私は、このPDCAの使用サイクルのイメージは営業職など数値目標があって、そのために何をするのかを管理するツールだと認識しておりました。

 

ただ、実はPDCAサイクルとは、営業だけではなく、私がいる不動産管理部でも十分に使用できます。

 

また、プライベートなことにも、例えば「ダイエット」「英会話習得」「恋人探し」などに当てはめて使えるんです。

 

ぜひ、皆さんもご自身のプライベートな目標やお仕事の中で、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

守破離

営業部の山﨑です。

 

先日のセミナーの様子です

 

守破離という言葉を聞くことがあります。

 

型を守り、型を破り、型から離れるということです。

 

不動産会社の営業でいえば、このようなことになるでしょうか。

 

 

守 通常の契約を一人でできる。

 

破 契約内容を改善できる。

 

離 新たな種類の契約(業態)を生み出す。

 

 

私は守破離という言葉を聞くたび、学生時代の経験を思い出すのです。

 

英語の聞き取りの授業で、私は他の生徒と一緒に、教科書を伏せて先生が読む英語を聞いていました。

 

そのうち「アバライト」と聞こえて「えっ?」という空気が一瞬、

教室に満ちたような気がしました。それまで皆、楽々聞き取れていたのに、急にわけの分からない言葉が出てきたのです。

 

先生は英文を二度読みました。それでも、二度とも「アバライト」なのです。

文脈からもまったく単語を特定できません。

 

私も意味が分からないので「当てられたくないなー」と思っていたところ、

先生に当てられたうえに「繰り返しなさい」とまで言われて、

意味も分からないままその個所は「アバライト」と言っておきました。

 

再び教室に「えっ?」という空気が満ちたように感じました。

先生は、よし、と言って授業はそのまま進みました。

 

 

これは守破離と関係ないようですが、守の段階だと、そもそも正しいか誤っているか判断できないため、

誤っていると思っても、そのまま真似しなければならないことを(私の中では)意味しています。

 

 

仕事をしているうちに、全く知見の無い分野を扱わなければならないことがあります。

そんな時、私はいつもこの「アバライト」を思い出すのです。

 

 

なお、「アバライト」は、教科書を見てみると、average height(平均身長)でした。

 

 

SWOT分析の研修を、現場に落とし込む

 

みなさま、こんにちは。

 

本日のブログは営業部の野村が担当いたします。

 

 

本日は私たちの会社の取組みについて少し紹介させてください。

 

私たちABC店舗では、社員一人一人が基本スキルを身に付けられるように、

定期的に外部講師を招いての研修を行っています。

 

 

 

先日開催した研修ではSWOTについて学び直しました。

 

SWOT分析といっても企業に当てはめるのではなく、研修当日行ったのはSWOTを使っての自己分析です。

 

 

ずいぶん昔になりますが就職活動の頃、似たようなことはしていました。

 

自分の長所は?それをどうやって伸ばしていこうかな?

 

短所はどこだろう?何をして改善させることができるかな?

 

思い直してみると当時は全て感覚で表現していたように感じます。

 

 

 

その頃から少しだけ社会人として経験を積んで、いろいろなフレームを学びました。

 

当時と比べれば根拠に基づいてSWOT分析できたかなと思います。

 

自己分析であればこの程度で良いのかもしれませんが、今後新たに会社や部署で戦略を立てる際の外部環境の分析では、PESTや3Cなどのフレームワークを組み合わせる必要があります。

 

そうしなければ、周囲を納得させるレベルにはならず、戦略を立てた人間の感覚によるものが強いため、漏れが生じ正しい分析にならない危惧があるからです。

 

また、分析自体の厳密性が全く担保されていない恐れがある点にも気付かされました。

 

 

多くのフレームワークでも実務に活かせるものを学び、現場に落とし込む。

 

 

基本スキルの重要性をわかっているつもりですが、私自身学ばなければならない内容に気付かされた研修でした。

 

 

仕事でのやりがい

 

皆様、お初にお目にかかります。

 

本日のブログは営業部(開発)の綿引が担当致します。

 

私の名刺です。

 

 

 

私が所属する部では、主にお客様にご紹介するための物件の仕入れをしております。

 

閉店をお考えの方のご相談を受け、通常スケルトンにしなければいけないものを居抜きの状態で弊社で引き継ぎをするための手続き、所有者様からの管理委託の契約、管理会社から紹介いただいた物件の契約がメインの仕事です。

 

 

そんな仕事での一番のやりがいは、お客様からの感謝の声です。

 

先日ある閉店なさるお店の引き継ぎの際に

「色々とやってもらってありがとう、あなたに任せて良かったよ」というありがたいお言葉をいただきました。

 

 

そういったお客様からの「ありがとう」の言葉が何よりも仕事の上での心の支えになっております。

 

 

微力ながら皆様のお力になれるよう精進して参ります。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

ふるさと納税やってみました

みなさまこんにちは。

 

本日は経理課マネージャーの池田がブログを担当いたします。

 

 

最近知人の勧めもあり資産運用について考える機会がありました。

 

友人は、昨今の少子高齢化などにより老後の社会保障や年金に対して不安を感じている様子でした。

 

ABC店舗では有給100%消化や、残業時間ゼロ活動を実施しています。

 

そのため時間に余裕ができた私は、とりあえずやってみようということで、ふるさと納税、確定拠出年金、NISAなどかたっぱしから申し込んでみました。

 

 

特にふるさと納税はめんどくさそうで手を出せずにいましたが、やってみるととても簡単でした。

(ネットからクレジットカードで決済できてしまうのには驚きました。)

 

私は少額の支出で愛媛の段ボールいっぱいのみかんや、山形のスパークリング日本酒をいただきました。

 

 

百聞は一見にしかずではありませんが、自分のこととなると本気になるので理解が深まりますね。

 

今度は全国のおいしいグルメを狙ってみたいと思います。

 

 

 

PAGE TOP